写真提供:マイナビニュース

写真拡大

鳥取県岩美町とJR西日本は10日、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の2017年春運行開始に備え、乗降駅となる山陰本線東浜駅の駅舎改築と駅周辺エリアの整備を行うと発表した。

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」では1日1回、沿線の歴史・文化や美しい風景を探訪する立寄り観光の時間が設けられる。東浜駅は世界ジオパークに認定された浦富海岸の眺望と地引網実演を対象として、「山陽・山陰コース(2泊3日・周遊)」の3日目の立寄り地となっている。そこで、特別な旅にふさわしいおもてなしを国・県・岩美町とJR西日本が一体となって用意することになった。

新駅舎のデザインは「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」を監修した浦一也氏が担当。海辺を前にした風光明媚な駅であることから、ゲートにステンレス鏡面天井、待合室に全面透明ガラス窓などを採用し、周りの風景に溶け込む意匠とした。ゲートの鏡面天井は、美しい風景や行き交う列車、利用する人々の姿などを映し出す「空に浮かんだ鏡」の役割も果たす。あわせて駅前広場の整備とトイレの新設を実施する。

駅近くには、海を望むテラスを備えたレストラン「AL MARE(アルマーレ)」を開設。高い天井の広々としたダイニングスペースやアプローチに沿って整備された庭園が特徴で、地元の新鮮な素材を石窯で調理した料理などを提供する。その他、浦富海岸の景観が鑑賞できる遊歩道や東屋を整備する。

(佐々木康弘)