Doctors Me(ドクターズミー)- 増える"新型うつ病社員"、その特徴と対処法

写真拡大

いま、特に若い人たちの間で
「新型うつ病」という病気が増えています。 従来の「うつ病」と、症状や兆候、行動などが異なるため、周囲の人はどう対処したらいいのか、迷うケースも目立ちます。学問的にもまだ、はっきり定義されていない部分もありますが、一体、「新型うつ病」とはどのようなものなのでしょうか。 その具体的な症状とともに、周囲はどう対処すべきか、接し方のヒントを探ってみましょう。

「うつ病」と「新型うつ病」は、似て非なるもの

従来のうつ病 従来のうつ病は朝、起きられなくなったり、出社時間が近くなると抑うつ状態になったりするのが一般的な症状でした。 食欲は減衰し、夜には眠れなくなり、その一方で、「こんな自分じゃダメだ、もっとしっかりしなければ」と自分を責めます。もともと、うつ病にかかりやすいのは
責任感が強く、真面目なタイプ。 本来は几帳面だったり、律儀だったり、とても優れた人格の持ち主なのですが、そうした傾向が度を越してしまうと、自分で自分を追い込んでしまうのです。
新型うつ病とは? これに比べて、現在、増えている新型うつ病とは、
まったく違った特徴を持っています。 20〜30代の若者に多く見られ、一番の特徴が「職場では憂鬱な表情を見せ、仕事がまったく手につかない状態なのに、帰宅後や休日はイキイキと楽しそうに過ごす」ということ。 つまり、「自分の好きなことや、楽しいと感じることをしているときはとても元気なのに、会社など、自分の好まない環境では抑うつ感が募り、まるで別人のように気分が沈む」という<適応障害>なのです。 また、思考にも大きな違いが見られます。従来のうつ病は、「自分が悪い」と、自己を責める気持ちが強くなります。 しかし、新型うつ病の場合は、「上司が自分ばかり、いやな仕事を押し付ける」「頑張っているのに、誰も認めてくれない」など、他人に責任を転嫁する姿勢が目立ちます。 また、ほんの少し上司から注意をされただけで、全人格が否定されたかのように落ち込んで、急に会社へ来なくなるというように、ほんの些細なことで傷つきやすくなってしまうのも、新型うつ病の特徴です。 「若い世代のわがままな行為」と捉えられることも多く、「新型うつ病」という言葉ができるまでは、ただの甘えや怠けと見られてきました。しかし、
本人は苦しんでいることも多く、なかには自殺や自傷行為に走る人もいます。そのため、単に本人の性格的な問題と捉えるのではなく、病気として位置付けられるようになりました。

「ほめる」のではなく、「認める」ことが大事

新型うつ病の状態は、内心では他人や環境を責め、自分を被害者の位置に置きやすいため、扱いには慎重にならざるをえません。 かといって、腫れ物に触れるように接すると、それもまた本人の自尊心を傷つけ、悪効果になることも。 では一体、周囲はどのように対処すれば良いのでしょう。
まず心がけたいのが、「認める」ということです。 ある仕事を達成したら、きちんと評価する。そして、頑張りを認める。こうした積み重ねが、相手に自信の芽を植え付け、意欲とモチベーションを育てます。 このときに注意したいのが、
「ほめる」よりも「認める」ということ。 普段なら、ほめられて嬉しいと感じない人はいないと思います。でも、他人の言葉に過敏になり、悪く受け取りがちな新型うつ病の患者は、
「私がほめられるなんて、何かウラがあるに違いない」と考えてしまうことも多いのです。 むやみにおだてるのではなく、行為を正しく評価することで、相手に存在意義や自分の価値を感じさせることが大事です。 また、命令口調やマイナス面を厳しく叱るような言葉は、拒絶されたと感じ、強い拒否反応を引き起こす可能性もあります。たしかに若い社員が未熟であり、それを指摘して育てることは重要なのですが、
正論であればあるほど強い威力を持つのだと自覚しておく必要があります。

性格の問題ではなく、病気のひとつ。理解して接することが大事

従来のうつ病と違って、
なかなか周囲の理解を得にくいのが新型うつ病の特徴。 わがままや怠惰など、性格的な問題として捉えられることも多いですし、比較的新しい病気のため、どう扱うべきかという知識が一般的に普及していません。 もし、職場に新型うつ病と思われる社員がいたら、周囲の人はまず
「本人自身も自分をどう扱いコントロールしたらいいのか困っている」ということをしっかり認識し、理解して接することが必要です。 遅刻や欠勤が繰り返されるようなら、会社の就業規則に照らし合わせ、集団として必要な措置をとるべきかもしれません。しかし、普段職場で関わりあうときには、あまり過保護に扱うのでもなく、また、無理に厳しく接するのでもなく、適度な心理的距離をとりながら、相手の存在や行為をしっかり「認める」ということで、相手の自立を促していく姿勢が必要です。 ときには、長い目で見てあげる思いやりも必要になるでしょう。 執筆:心理カウンセラー 丸山 弥生