ある時突然やってくるかもしれない激しい嘔吐や下痢。そんなつらい胃腸風邪はいつでも誰でもかかりうる病気です。これからの時期はやりやすいノロウイルスによる胃腸風邪など、かかったときの知識として、その原因と対処法をご紹介しましょう。

胃腸風邪とは

胃腸風邪とは単なる風邪ではなく、ウイルスや細菌に感染することによって起こる胃腸炎のことです。正式には感染性胃腸炎と呼ばれます。体の抵抗力が下がっているときに発症しやすく、主に吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、発熱などの症状が現れます。嘔吐や下痢は体がウイルス・細菌に抵抗しようとする反応であり、ウイルスや細菌を出し切ると症状が治まります。

胃腸風邪にはウイルス性と細菌性がある

ウイルス性胃腸炎

原因となる主なウイルスにノロウイルスとロタウイルスがあります。ノロウイルスには誰でも感染する可能性があり、感染すると潜伏期間12〜48時間を経た後に発症します。発症した場合は治るまでに2〜4日かかりますが、軽症でおさまることが多いそうです。抵抗力が落ちている時などは長期化し重症化することもあります。
ロタウイルスは感染力が強く、6歳になるまでにほとんどの子供がかかる感染性胃腸炎です。成人の場合はすでに何度もかかっていることから、あまり発症することがありません。

細菌性胃腸炎

細菌性胃腸炎は主に、細菌がついた食品を食べることによって感染します。夏に起こることが多いです。鶏卵や食肉、魚介類などが感染源となり、主な細菌にサルモネラ菌、ウェルシュ菌、カンピロバクター腸炎などがあります。発症すると治るまでに1〜5日かかります。

胃腸炎にかかったら…

細菌による胃腸炎の場合は薬物による治療が可能です。抗生物質などにより細菌の活動力を弱め増殖を抑えることができます。しかしウイルス性感染の場合は薬物が効かず、様子をみながら行う対症療法しかありません。胃腸風邪にかかった場合は安静にして、嘔吐や腹痛がある間は無理に食べないようにします。しかし体の水分が失われ脱水症状に陥りやすいので、こまめな水分補給が必要です。調子が戻ってきたら、おかゆやスープなど消化に良いものを摂りましょう。
ところでウイルスや細菌にはノロウイルスやロタウイルスのように感染力が強いものもあり、周囲にうつさないように気をつけることが大切です。嘔吐物や排泄物にウイルスなどが含まれているので、きちんと処理し消毒しておきましょう。

普段からウイルスや細菌に感染しないよう予防することも大事です。ウイルス性感染に関してはうがい・手洗いを徹底し、細菌性感染に関しては食品管理に気をつけて、細菌を寄せ付けないようにしましょう。また体の抵抗力をつけておき、感染しても負けないような強い体をつくっておきましょう。


writer:Akina