共同実験で行われる商品情報が提供されるシステムによる利用イメージ(写真:セブン&アイ発表資料より)

写真拡大

 セブン&アイとNTTは11日、陳列棚の商品をスマートフォンのカメラで撮影することで、その商品の情報を表示させる共同実験を開始すると発表した。

 商品の原材料やアレルギーを起こす物質などの情報の多くは、見やすい場所に表示されていないことから、商品を手に取って裏面を見なければならないなど確認に手間を要する。さらに、文字が小さくて読みにくいことや、訪日外国人の増加が見込まれるなか、これらの情報は日本語でしか表示されていないといった問題もある。

 今回の共同実験では、商品ラベル上にある7&iのロゴをスマートフォンのカメラでかざすことで、撮影した写真に該当する商品を誤りなく識別し、その商品の原材料や食物アレルギー情報、その他の情報を日本語、あるいは外国人には母国語表記にも対応できる形で、撮影したスマートフォンに表示する。実験場所は都内複数のセブン‐イレブン店舗、実験期間は11月中旬〜2017年1月下旬まで。