Doctors Me(ドクターズミー)- ファスティングダイエットは危険?正しい実践方法と注意点

写真拡大

ファスティングとは、最近話題のダイエット法です。 一定期間いわゆる断食をする方法ですが、どんなやり方で行い、どんなメリットがあるのでしょうか。 また、成功させる秘訣は何なのかまとめてみます。

要チェック項目

□ファスティングは、食事制限をして行うダイエット法の一種 □いわゆる断食の一種で、食事制限を行うと同時に胃腸などを休めてデトックス効果も期待できる □ファスティングを成功させるコツは、決して無理をしないこと

ファスティングってどんなもの?

ファスティングとは、一種の断食によるダイエット方法です。細かなやり方はいろいろあり、絶食期間や絶食中に口にしてよいものもさまざまです。 一般的な方法としては、ファスティング期間を数日間設け、その間は水や酵素ドリンク、スープなどだけを摂る方法です。これ以外の食物は一切口にしません。

ファスティングの効果

ファスティングには次のような効果が期待されています。

ダイエット効果

ファスティングは、食事量を極端に制限することで体を飢餓状態にします。飢餓状態になった体は生存のため自らの体脂肪を燃やして生き延びようとします。この作用を利用してダイエットしようとするのがファスティングです。

デトックス効果

ファスティングは、食事を摂らないので胃腸を休めることができます。宿便や体内に溜まった老廃物などを出し切りデトックス効果ものぞめます。

正しいファスティングの方法

ファスティングは短期間のダイエットですが、食事を大きく制限するので体に負担がかからないよう手順を踏んで行います。

準備期間

いきなり断食を行うと体に負担がかかるので、ファスティング前に少しずつ体の準備をします。急に食事の量を減らすと、身体的にだけでなく精神的にもストレスがかかります。 ですから、ファスティングの数日前から食事の量を徐々に減らし、本格的な断食に心身を備えていきます。

ファスティング中

まず、一般の人が自分でファスティングを行う場合には、長くても3日間程度にしておきます。1日だけでもいいですし、半日だけ行うこともできます。 長期間のファスティングは危険なこともあるので自己判断で行うのはやめましょう。ファスティング中に摂取してよいのは水またはドリンクやスープのみです。 たとえば今話題の酵素ドリンクを使ってファスティングを三日間行う場合はこうなります。一日目の朝食から2時間おき程度の感覚で酵素ドリンク+水や野菜ジュースなどを飲んで過ごします。 二日目も同じようにして過ごします。この間はカロリーがかなり制限されているので、激しい運動などは控えます。三日目は夕食あたりから少し流動食を摂り始めます。

ファスティング終了後

ファスティング期間が終了したら、復食期間を作ってだんだんと元の食事に戻していきます。基本的にはファスティングの日数と同じ日数をかけます。この復食期間の食事は重湯などの流動食からスタートし、徐々に形のあるものを口にするようにします。

ファスティング成功のポイント

ファスティングは短期間とはいえ断食をします。体になるべく負担をかけずにファスティングの効果を得るには次のようなことに気をつけましょう。

水以外のものも摂る

ファスティングは水だけで行わないのがポイントです。なぜかというと、水だけではカロリーが極端に足りなくなり、ケトン体が生成されすぎて血液の酸化現象を引き起こし、体調不良の原因になります。 ですから、水のほかに野菜ジュースや酵素ドリンク、スープ類なども一緒に摂る必要があります。

無理をしない

好転反応が起こることがありますが、あまりに症状が強いようならファスティングを中止しましょう。無理をすると体に大きな負担がかかってしまいます。

体を慣らしながら少しずつ行う

ファスティングは急に始めない、急に終わらせないのがポイントです。急に食事を摂らなくなるのでは、体も心もついていくことができません。少なくとも前日には本番と同じような食事を開始してならしておきましょう。 また、ファスティングが終わった後の体はとてもデリケートになっていますから、いきなり通常の食事に戻すのではなく、消化のよい流動食からごく軽い食事、柔らかいご飯などへ少しずつ移行します。塩分や油分も控えましょう。

ファスティングをしてはいけないとき

次のような場合は、ファスティングをしてはいけません。 ・妊娠中や病気治療中 ・すでに痩せすぎの状態にある場合 ・風邪をひいているとき ・生理中のとき

正しい情報を得て無理なく行うのがポイント

ファスティングは上手に行えば、ダイエットをはじめいろいろな嬉しい効果が期待できる方法です。 しかし、短期間とはいえ断食を行うので、体調管理や内容の管理などはきちんと行うようにしましょう。 無理せず自分のペースで行うことが大切です。 (監修:Doctors Me 医師)