Doctors Me(ドクターズミー)- 20代でもできる老人性イボ 正しい除去方法と予防対策とは?

写真拡大 (全2枚)

20代の若い人でもなってしまう方はたくさんいる老人性のイボ。80歳以上の方には、ほぼ100%イボがあるそうです。 この老人性イボは年齢と共に顔や体にも出てしまいます。この老人性イボとは一体何なのか?

要チェック項目

□20代〜30代の若い人にもできてしまうのは遺伝が関係している □メラニン色素や毛細血管の状態 □細胞組織を蒸散させ、老人性イボを除去

老人性イボって何?

まずは老人性イボとは一体何か。脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)や老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれ、年齢と共にだんだんと増えていく、老化現象の一つです。 80歳以上の老人のほとんどの方にこのイボは見られるそうです。

老人性イボはどうしてできてしまうのか

老人性イボは老化現象でもありますが個人差があります。どうなるとできやすくなってしまうのか? 大きな原因の一つに紫外線があげられます。紫外線を浴びることによって、皮膚からメラニン色素が作られます。 これらは新陳代謝によって角質となり自然に輩出されていきますが、年齢を重ねるうちに新陳代謝が悪くなり、紫外線を長い年月をかけて浴びることにより輩出しきれないメラニンが貯まっていきます。 これらが斑点になり、皮膚がざらついて盛り上がったりと変化することによって脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)になってしまいます。 また、20代〜30代の若い人にもできてしまうのは遺伝が関係しているとも言われています。頭にできてしまう理由もこれらが関係しているのです。

老人性イボを予防するには

加齢でなってしまう老人性イボですが、イボの原因になってしまうシミの予防をすることはできます。できるだけ早い時期からケアをしていきましょう。

紫外線対策

日焼け止めで紫外線をなるべく浴びないようにしましょう。日傘や帽子を使って紫外線をできるだけカットすることによって肌の状態が変わってきます。

肌の乾燥対策

乾燥によって紫外線の刺激を退けるバリア機能が衰えてしまいます。夏の日差しも気になりますが、冬場の乾燥した肌で紫外線を浴びるのもあまりよくないということになります。 保湿をしっかりと心掛けましょう。メラニンの生成を防ぐ美白化粧品を使ったり、血行を促進させて新陳代謝を促すなどもいいでしょう。

生活習慣

ビタミンを壊してしまうタバコ、ストレス、睡眠不足などはお肌によくありません。お肌の健康状態を内側から整えるためにビタミンCやEなどの栄養素を摂取しましょう。

老人性イボなのか自分でわからない時の判断方法

イボができてしまい老人性イボなのか自分で判断がつかない。ガンなどの違う病気ではないかなど不安な方は医師に診断してもらうことが一番と思われます。病院へ行くとまず老人性イボなのかどうかを診断してくれます。 自分で老人性のイボだと思っているだけで単なるほくろであったり違う病気の可能性もあるのです。ほとんどの医師が所見で判断できるそうです。 疑わしいものはメラニン色素や毛細血管の状態を調べたり、ケースによっては組織を一部採取または全切除して細胞の検査(病理組織検査)を行なうことなどもあります。

できてしまった老人性イボの治療法

老人性イボは主に次の方法により治療を行ないます。

液体窒素による凍結療法

患部に液体窒素をあて、凍結させてかさぶたを作ります。1〜2週間後にかさぶたが取れると老人性イボも自然に除去されます。この方法は一般的治療方法なもので、麻酔もありません。 ケースによっては数回に渡り治療を行うこともあります。炎症による跡が残ってしまう可能性があり、顔以外の場所にできたイボに行われます。

レーザーによる切除術

ホクロやいぼの治療で使用される炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)を患部に照射して細胞組織を蒸散させ、老人性イボを除去します。 液体窒素と違う点は繊細な治療が可能なことです。根本的治療ができる利点があり、顔の治療には適していると言われます。

電気焼灼(しょうしゃく)治療

ホクロ治療にも使われる、電気メスを使用した切除術です。傷あとを残さないよう、患部の表皮をごく浅く削り取ります。通常であれば2週間ほどで傷あとは治ってきます。

外科的手術による切除術

老人性イボのサイズが大きくて液体窒素やレーザーでは対処が難しい場合や病理検査を行なう際は、メスで患部を浅く切除します。 擦り傷と同じような感じで、2週間ほど経てば手術のあとも残らずに治っていきます。さらに広範囲な切除術の場合は、皮膚移植が行われる場合もあります。

シナール

イボが取れることはないですが、イボ予備軍でもあるシミに効果がある肌を白くするお薬。皮膚科へ肌荒れやシミの相談へ行くと出してくれます。 服用中はレモンを絞って飲み物に入れたり、食事にかけたりするとシナールの作用とビタミンCで肌に改善が見られます。

老人性イボは予防できる

加齢による老人性イボですが、外出時の紫外線対策を行うことや食事の中にビタミンを取り入れるなど工夫することで予防につながります。 できてしまって困った場合には医師に相談することをお勧めいたします。 (監修:Doctors Me 医師)