2016年11月11日、環球網は記事「ドゥテルテ大統領:トランプ氏は最強国家の大統領、私は単なる塵にすぎない」を掲載した。暴言によって“東洋のトランプ”の異名をとるのがフィリピンのドゥテルテ大統領だ。

写真拡大

2016年11月11日、環球網は記事「ドゥテルテ大統領:トランプ氏は最強国家の大統領、私は単なる塵にすぎない」を掲載した。

暴言によって“東洋のトランプ”の異名をとるのがフィリピンのドゥテルテ大統領だ。11日の大統領記者会見で、「この異名をどう思うのか」との質問が飛び出した。ドゥテルテ大統領は「トランプ氏は世界最強国の大統領。(それに比べれば)私は単なる塵にすぎない」と返答した。

またドゥテルテ大統領は、米国はフィリピンのパートナーであり同盟国。米国との防衛協議も尊重すると発言する一方で、国内に駐留する外国軍の撤退を望んでいると話し、改めて駐留米軍撤退を望む姿勢を打ち出した。(翻訳・編集/増田聡太郎)