トータル20アンダー、後続を寄せ付けず完全優勝に王手をかけた松山英樹(撮影:上山敬太)

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目◇12日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー『三井住友VISA太平洋マスターズ』3日目、トータル13アンダー・単独首位からスタートした松山英樹は、予選ラウンド2日間と変わらずのバーディラッシュで“65”のラウンド。2位の宋永漢(ソンヨンハン・韓国)に6打差をつける一人旅で、日本ツアースポット参戦2戦2勝に王手をかけた。
松山英樹、気になるドライバーの選択は…?
 
 「今日中に20アンダーにいきたいと思っていた。20までいけば(優勝の)チャンスが高まるので達成できてよかった。1番と6番のパットが大きかったですね」と振り返った松山。しかし、前半はショットが乱れる場面も。
 スタートホールの1番では2打目を左に曲げてアプローチも寄せきれず1.5mのパーパットを残すも、冷静にセーブ。1つ伸ばして迎えた6番はティショットを右サイドの林の奥に入れてしまい、2打目は出すだけ。パーパットが3.5mとなるもしっかりと集中して仕切ってセーブし、ピンチを乗り切る。
 ここからは圧巻のバーディショー。8番から折り返しての11番まで4連続バーディ。終盤16番で1つ伸ばして迎えた最終18番パー5は、2打目がフライヤーしグリーン奥につけるも、見事なロブショットで1m以内にピタリ。6000名を越すギャラリーが入った3日目、最後のホールをバーディで締め、ファンの歓声に手を挙げて応えた。
 初日65、2日目66、3日目65。他を寄せ付けないゴルフで優勝の可能性がグッと近づいたが「ヨンハンもいいパットを続けていたし、ショットがミスもありましたが、それがなくなってくれば怖い存在。(6打差あるだけに)自分が伸ばせばいいだけ、明日もしっかりと伸ばしていきたい」と油断は一切なし。
 石川遼とタッグを組んで参戦する『ゴルフワールドカップ』への最後の試合。4日間好スコアで締めて大舞台へ向かっていくつもりだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>