映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』リュック・ベッソン監督、28世紀の宇宙が舞台のSF大作

写真拡大

リュック・ベッソン(Luc Besson)監督の最新作、映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』が、2018年3月より全国ロードショー。

原作は、SFコミックの金字塔『ヴァレリアンとローレリーヌ』

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は、「スター・ウォーズ」シリーズにも多大な影響を与えた、SFコミックの金字塔『ヴァレリアンとローレリーヌ(Valerian and Laureline)』を実写化した作品だ。舞台は28世紀の宇宙。ストーリーは、2人の政府の特別工作員が、宇宙の平和を維持するため銀河間都市アルファを調査しに行くシーンで幕を開ける。

見どころは、人智を超えた複雑なストーリーと、圧倒的な映像美だろう。700年後の宇宙空間やそこに棲む不思議な生き物たちが織り成す幻想的な世界は、リアルに再現されていながらも、現実を超えるほどの美しい光や色で、観るもの引き込む。

巨匠リュック・ベッソンのSF大作

監督を務めるリュック・ベッソンは、『グラン・ブルー』『ニキータ』『レオン』などの映画史に残る名作から、近年では『ルーシー』など、数々のヒット作を手掛けてきた。得意とするSF作品をどのように描くかに注目が集まる。

主人公で特別工作員の青年ヴァレリアンを務めるのは、『アメイジング・スパイダーマン2』でヴィラン・グリーンゴブリン(ハリー・オズボーン)を演じたデイン・デハーン。もう1人の工作員ロールリンヌは、トップモデルとして活躍し、最近では『スーサイド・スクワッド』での活躍が記憶に新しいカーラ・デルヴィーニュが演じる。劇中にはクライヴ・オーウェンやイーサン・ホーク、そして歌姫、リアーナも登場する。

さらに、劇中で主役の2人が乗っている宇宙船「SKYJET」は、レクサス(LEXUS)がデザインを担当した。飛行機と車を組み合わせたような船体には、レクサスのデザインアイコンである「スピンドルグリル」とブランドのロゴを配した。近未来的かつスポーティなデザインで、映画の世界観をさらにリアルで高次元なものへとアップグレードする。

ストーリー

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ふたりは“アルファ宇宙ステーション”へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があった……。果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか―!?

作品詳細

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』
公開時期:2018年3月全国ロードショー
監督・脚本:リュック・ベッソン
原作:ピエール・クリスタンジャン=クロード・メジエール
キャスト:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、イーサン・ホーク、リアーナ、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアー
原題:Valerian and the City of a Thousand Planets
2017年|フランス|英語|カラー|スコープサイズ|137分|
製作:ヨーロッパコープ
配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION


[写真付きで読む]映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』リュック・ベッソン監督、28世紀の宇宙が舞台のSF大作

外部サイト

  • 映画『リバーズ・エッジ』主演・二階堂ふみで岡崎京子の青春漫画を実写化 - 若者の生と欲望を鮮烈に描く
  • 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』黒木華×野村周平で人気ミステリー小説を実写化、監督に三島有紀子
  • ギンザ・イルミネーション 2017、昼夜輝く「光の花かご」銀座の沿道をエレガントに彩る