必死にボールを捜索するキャディを見守る畑岡奈紗(撮影:福田文平)

写真拡大

<伊藤園レディス 2日目◇12日◇グレートアイランド倶楽部(6,639ヤード・パー72)>
 印象に残るプロデビュー戦になっただろう。畑岡奈紗は昨日のうちに消化できなかった第1ラウンドの残りと第2ラウンドの計22ホールをラウンド。トータル3アンダー20位タイで第一目標の予選通過は難なく達成した。
珍事続出…上原彩子に“68”打罰!?
 
 長丁場の1日でも、特に衝撃だったのは第1ラウンドの18番だろう。同組の松森彩夏が、キャディにボールを投げて渡そうとしたが、キャディはヤーデージメモを見つめていて気づかず、ボールはグリーン脇の池へ。「気が付いたらキャディさんが靴を脱いでいて」、落ちたところは見ていなかったが、池に入ろうとしているキャディの姿に驚かされた。
 胸まで水につかりながらボールを探すキャディの姿を見つめていると、ふと過去の記憶が脳裏によぎった。「中学1年か2年の時に私も池に落ちたことを思いだしました」。母が勤務する茨城県の宍戸ヒルズで行われた試合の際、同組の友人が池に落としたボールを取ろうとして、足を滑らせ自身が落水。「ボールがもうないって言っていたので」、畑岡の優しい性格がうかがえるエピソードだ。
 その時は12月、首の上まで水につかってしまい「本当に寒かったです」。水につかるキャディを当時の自分の姿に重ね、この日は心配そうにボールの捜索を見守っていた。
 この日は「ティショットのミスから」3連続ボギーなどもあったが、スコアを落とすことなく決勝ラウンドへ。明日は「60台を出して、トップ10を狙いたいです」。デビュー戦をさらに印象深いものにすべく、明日はチャージを狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>