ユ・アイン「演技は偉大な芸術…本気で臨まなければ」

写真拡大

俳優ユ・アインが演技についての信念を明かし、視線を引きつけた。

ユ・アインは最近青龍映画賞のメディアパートナーであるセレブピックスと共にBDA(Blue Dragon Awards) 特別グラビアを撮影し、演技についての信念を伝えた。

彼は青龍映画祭の受賞者による初の特別グラビア撮影に参加した感想を聞く質問に「青龍は本当に受けたかった賞で、受けてからまたこういうふうに栄光を振り返ることができて嬉しい。『王の運命―歴史を変えた八日間―』で共演したチョン・ヘジン先輩ときれいな写真を残すことができてこの上なく嬉しい」と話した。

続けて「思いっきり動いて結果が保障されたところで芸術的に動きたい。その瞬間感じられる全てのカタルシス(解放感) を感じる」と話した。

また「僕が歩んでいるこの道が決して早く認められる道ではないが、青龍によって少なくとも僕が間違った道を歩んできたわけではないと認められたような気がする」と付け加えた。

続けて「以前は僕の仕事について謙遜するつもりで芸術と言えなかったが、最近では違う。演技は本当に偉大な芸術だと思う。それでなおさら本気で臨まなければならない」と自身の考えを語った。