Twice「ミュージックバンク」EXO-CBXを抑えて1位獲得!VICTON&MOMOLANDら新人アイドルも登場

写真拡大

ガールズグループTwiceがEXO初のユニットEXO-CBXを抑えて「ミュージックバンク」1位のトロフィーを手にした。

韓国で11日に放送されたKBS 2TV「ミュージックバンク」でTwiceは、EXO-CBXと1位候補になり、対決の末1位を獲得した。

彼らは、ステージに立つ前のインタビューで、面白い1位公約で視聴者から注目を浴びていた。EXO-CBXは体でEXOのロゴを作ってみせる、と話した。さらにTwiceは、ハイファッションバージョンの 「TT」を披露すると話した。Twiceは1位が決まったあと「ミュージックバンク」とファン、スタッフに感謝を示した。

この日の放送では、新しく初々しい歌手たちが多く登場し、ファンたちの期待を満たした。まず、CNBLUE カン・ミンヒョクの後を継いで俳優イ・ソウォンが新しいMCを務めた。彼は番組が始まるやいなやI.O.Iと一緒にステージに立ち、「Very Very Very」を歌って注目を浴びた。

さらにこの日は、なんと6チームのアイドルがカムバックステージを披露した。まずASTROが熱い歓声を浴びながら新曲「Confession」を熱唱した。続いて強烈なコンセプトで登場したIMFACTが「Feel So Good」で完璧なグルーブを披露した。久しぶりに完全体になってカムバックしたT-ARAは、以前とはガラッと変わったミディアムテンポの曲「TIAMO」で爽やかなステージを披露した。BTOBも「I'll be your man」を通じて一層成熟した姿を披露した。

タフな男になりきったB.A.Pと“迫力セクシー”というあだ名を得たMAMAMOO、3年ぶりにソロアルバムを発表したSISTAR ヒョリンが姿を現した。それぞれ「I GUESS I NEED U」「SKYDIVE」「デカルコマニー」「Love Like This」「Paradise」で、完璧なステージを披露した彼らは、控室でのインタビューで歌を一節ずつ歌い、続くステージへの期待を高めた。SUPER JUNIOR キュヒョンも「Blah Blah」でソロカムバックを成功的に終了した。

「ミュージックバンク」を通じてホットにデビューを果たした3つのチームも、新鮮なステージで観客から熱い反響を得た。まず、“Apinkの弟グループ”VICTONは「何でもないふり(I'm fine)」で女心をくすぐった。SOUL LATIDOは「喉が枯れるように」で優れたボーカルを披露した。MOMOLANDは「JJan!Koong!Kwang!」でキュートなダンスを披露した。