▽12日に明治安田生命J2リーグ第41節の町田ゼルビアvs松本山雅が町田市立陸上競技場で行われ、2-1で町田が勝利した。

▽昇格プレーオフ圏内の6位・ファジアーノ岡山に勝ち点5差の7位・町田(勝ち点59)が、首位の北海道コンサドーレ札幌と勝ち点で並ぶ2位の松本(勝ち点81)をホームに迎えた。

▽先手を奪ったのはJ1昇格に向けて負けられない町田。11分、谷澤がドリブルでボックス左へとボールを運び、ファーサイドへとクロスボールを配給する。これに中島がジャンピングボレーで合わせると、ボールはディフェンダーにディフレクトしてGKシュミット・ダニエルの逆を突いてネットを揺らした。

▽失点後は右サイドの田中を起点として相手陣内に攻め込む松本だが、28分には森村の放ったシュートがディフレクトしてクロスバーを叩くなど町田も追加点を狙って攻勢に出る。迎えた前半アディショナルタイム、左サイドで相手をかわして谷澤がクロスを上げると、またも逆サイドにいた中島が今度は折り返しのボールを入れる。最後はゴール前の仲川が押し込んで、町田が前半でリードを2点とした。

▽後半、最初にチャンスを作ったのは松本。49分に左CKの流れからグラウンダーのボールを田中がスルーして、パウリーニョが後方から走り込んで合わせる。しかしこのシュートは枠を捉えきれなかった。それでも66分、高崎がボックス手前から右足でミドルシュートを沈めて、松本が1点差に詰め寄る。

▽その後も松本が押し込んで試合を進めていくが、町田も集中した守りを見せて同点ゴールは許さない。両者ともに球際に激しくファウルが目立つも、町田が最後まで1点差を守り切り試合は終了。敗れた松本は清水の結果次第では自動昇格圏内から脱落することとなる。