オマーン戦でA代表デビューを飾った久保。15日のサウジ戦出場にも意欲を燃やした。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 オマーン戦から一夜明けた12日、日本代表が茨城県内でトレーニングを行なった。

 午前中に行なわれた練習には、オマーン戦の71分から途中出場しA代表デビューを飾った久保裕也も参加。ひと通りのメニューを消化し取材に応じたFWは「いつも通りしっかり試合に臨むように準備して、出たらどんどん仕掛けていきたい」と、15日のサウジアラビア戦への出場にも意欲を覗かせた。

 次戦はワールドカップ最終予選という特別な一戦になるが、「特にそういうのは意識していない。とにかく自分が良いパフォーマンスできるように考えているだけです」とコメント。

 ハリルホジッチ監督から「外に張るな」との忠告を受けた事実を明かしたうえで「どんどん中に入って行けと言われたので、そういうのは意識しながらわりとシンプルにプレーすればいいのかなと思っています」とイメージを膨らませた。

【日本 4-0 オマーン|PHOTOギャラリー】大迫や小林祐が結果を残すなど実り多きテストゲームに