「隠された時間」シン・ウンス、純粋な少女の初めてのグラビア撮影

写真拡大 (全3枚)

映画「隠された時間」(監督:オム・テファ、制作:Barunson E&A、配給:SHOWBOX) が新人シン・ウンスのデビュー以来、初のグラビアを公開した。

「隠された時間」は謎の失踪事件以来、止まってしまった世界に閉じ込められ、大人になって帰ってきたソンミン(カン・ドンウォン) と、彼の話を信じてくれた唯一の少女(シン・ウンス) の物語を描いた映画だ。そんな「隠された時間」が多彩な魅力でファンタスティックな雰囲気を漂う「HIGH CUT」のグラビアを公開した。

今回に公開したグラビアは「隠された時間」で止まってしまった世界に閉じ込められ、大人になって帰ってきた少年ソンミンを唯一に信じてくれる少女スリン役を演じた新人シン・ウンスの初のグラビアで注目を集める。

初のデビュー作「隠された時間」を通じて豊かな感性を盛り込んだ感情演技を披露し、次期作に対する期待感を高めた新人シン・ウンスは、初のグラビア撮影だったにも関わらず、深い眼差しと表情、ベテランらしいポーズで視線を捉える。真っ白の背景と調和をなすシン・ウンスの純粋さは劇中のスリンの姿を連想させる一方、落ち葉を背景に秋の感じを収めたカットでは、カメラを見つめる彼女ならではの眼差しで視線を集める。

また日差しが差す庭を背景に鏡の中の自身を見つめるシン・ウンスの姿を盛り込んだカットは、ミステリアスな雰囲気の少女の魅力をそのまま伝える。このようにカン・ドンウォンに続きシン・ウンスのグラビアを公開し、映画に対する期待感をさらに高めた「隠された時間」は今秋、忘れられない感動と余韻で観客たちの心を捉える予定だ。

「隠された時間」は韓国で今月16日に公開される。