イ・ソウォン「ミュージックバンク」でMCデビュー!“LABOUM ソルビンさんの隣にふさわしい男になりたい”

写真拡大

KBS 2TV音楽番組「ミュージックバンク」の新しいMCイ・ソウォンが爽やかな魅力とセンスを披露し、MCとしての成功的なスタートを切った。

11日に韓国で放送された「ミュージックバンク」でイ・ソウォンは、I.O.Iとともに「Very Very Very」のステージを披露した。イ・ソウォンは歌の実力はもちろん、これまで練習してきたダンスまで披露し、キュートな(?) 魅力を発散し、視聴者の視線を奪った。

さらに一緒にMCを務めることになったLABOUMのソルビンとも、同い年の相性をアピールし、これから見せる2人の呼吸にも期待が高まっている。

イ・ソウォンは「緊張しすぎてミスもありましたが、これからもっと頑張ってソルビンさんの隣にふさわしい男になりたいです」と感想を述べた。

「ミュージックバンク」を通じて新しい魅力を見せたイ・ソウォンは、第1回から新鮮な魅力や安定した進行で視聴者から好評を受けた。

イ・ソウォンはKBS 2TVドラマ「むやみに切なく」でmiss A スジの弟役を演じ、視聴者に存在感をアピールした。さらに彼は、映画「隊長キム・チャンス」でキム・チョンドン役での出演を決めた。