キム・ミンソク、過酷な俳優人生を語る「無名時代の4年間は配達のバイトをしていた」(動画あり)

写真拡大 (全5枚)

今最もホットな俳優キム・ミンソクが雑誌「ADDYK」の表紙を飾った。

表紙とグラビアでキム・ミンソクはパジャマルックとカジュアルルックで少年らしさをアピールしながら感性溢れるグラビアに仕上げた。眼差しを強調した悩殺的なポーズで優れたビジュアルと繊細な感性をアピールした。

グラビア撮影後に行ったインタビューで彼は故郷の釜山(プサン) を離れてソウルで過酷に生きた俳優人生と無名時代に4年間配達のバイトをしながら夢を広げてきたストーリーを聞かせてくれた。彼が最初に世の中に顔を知らせたのは「SUPER STAR K4」だった。歌いたいとは思わないか? という質問には、俳優になると心に決めただけに演技に専念したいと伝えた。

キム・ミンソクは最近SBS新月火ドラマ「被告人」のイ・ソンギュ役にキャスティングされ、新しい演技変身に期待が集まっている。また現在はSBS「人気歌謡」のMCとして毎週日曜日の昼に視聴者に会っている。