Twice、11月“ガールズグループ”ブランド評判で1位獲得…続いてBLACK PINK、I.O.Iがランクイン

写真拡大

“ガールズグループ”ブランド評判の11月ビッグデータを分析した結果、1位がTwice、2位がBLACK PINK、3位がI.O.Iとなった。

韓国企業評判研究所は、ガールズグループブランド評判ビッグデータ分析のため、先月10日から11月11日まで測定したブランドビッグデータ45,919,354個を分析し、ガールズグループブランドへの参加指数、メディア指数、疎通指数、コミュニティ指数、評判指数を測定した。10月のガールズグループブランドビッグデータ36,117,320個と比べると、27.14%増加した。

11月、ガールズグループブランド評判のランキングは、Twice、BLACK PINK、I.O.I、GFRIEND、MAMAMOO、Red Velvet、Apink、T-ARA、DIA、LOVELYZ、AOA、少女時代、Secret、宇宙少女、LADIES' CODE、Dal★Shabet、Girl's Day、OH MY GIRL、EXID、Wonder Girlsの順となった。

1位となったTwiceのブランドは、参加指数4,631,800、メディア指数951,786、疎通指数2,990,906、コミュニティ指数951,152、評判指数9,525,645と分析された。

2位のBLACK PINKは、参加指数2,687,800、メディア指数244,431、疎通指数3,639,457、コミュニティ指数508,771、評判指数7,080,459と分析された。

3位のI.O.Iは、参加指数4,177,400、メディア指数762,102、疎通指数1,561,237、コミュニティ指数565,488、評判指数7,066,227と分析された。

韓国企業評判研究所は「ガールズグループの11月ブランド評判を分析したところ、Twiceが1位を記録した。Twiceというブランドは、音源だけでなく動画のコンテンツでも圧倒的な記録を立てている。Twiceのデビュー曲『OOH-AHHに(優雅に)』がYouTubeで再生回数1億回を超えているが、『CHEER UP』もYouTubeで再生回数1億回を目前にしている。さらに最近『TT』は同再生回数4500万回を突破した。それだけでなく『TT』のVR映像は音楽配信サービスgenieで281時間の間1位の座をキープした」と伝えた。

続いて「Twiceブランドへのリンク分析では、ジョンヨン、ツウィ、ジヒョが上位を占めている。キーワド分析では『かわいい』『キュート』『愛している』が上位を占めていた。肯・否定分析では、肯定割合が91.82%だった」と分析した。