写真提供:マイナビニュース

写真拡大

公開中の映画『オケ老人!』の舞台あいさつが12日、都内で行われ、杏、黒島結菜、坂口健太郎、笹野高史、左とん平、小松政夫、茅島成美、萩原利久、細川徹監督が出席した。

公開2日目となったこの日は、上映1回目の前に舞台あいさつが行われ、主演の杏らキャスト陣と細川監督が勢揃い。主演の杏は「撮影が終わったのがちょうど去年の今ごろでした。それから1年が経ち、皆さんに見ていただけることになってとても嬉しいです。本当にほんわかとした笑いが詰まった映画になっています」とアピール。左とん平や小松政夫ら大先輩との共演について「まだ私は30歳の若輩者で倍生きたとしてもたどり着けない方々。本当にこんな風に年を重ねていきたいと思いました。私にとっては人生の指針であり目標です」と話すと、笹野扮する野々村の孫を演じた黒島結菜も「クランクアップの日のシーンは笹野さんと左さん、杏さんとのお芝居でしたが、素で笑ってしまうぐらい面白くて楽しく撮影を終えることができました。自分が出た作品は素直に見られなかったりしますが、今回は素直に笑って泣けました。自分が出ている作品ですが、感動しましたね」と充実した表情を見せた。

撮影前からクランクアップまでの半年間、ずっとバイオリンを練習していたという杏は「弦は平行に弾かないとすぐNGが出ちゃうんです。本当に難しかったし、皆さん頑張りました」と振り返ると、坂口が「撮影の合間に杏さんがバイオリンの練習をされていたんですけど、ずっとバイオリンをやっていた方なんだなと思っていました」と褒めた。

杏にとっては映画初主演となった本作は、荒木源の同名小説を本作で映画2作目となる大人計画の細川徹監督が映画化。今やすっかり年寄りばかりのダメダメなアマチュア・オーケストラ「梅が岡交響楽団(通称・梅響)」に誤って入団してしまった高校教師・千鶴(杏)が、そこで出会った老人たちと成長していく姿を描く。