自由奔放なトークを展開

写真拡大

 女優の杏が11月12日、初主演映画「オケ老人!」の公開記念舞台挨拶を東京・TOHOシネマズ新宿で行った。ステージには共演の笹野高史、小松政夫、坂口健太郎ら主要キャストが勢ぞろい。杏は、「撮影が終わったのが、ちょうど去年の今頃。封切られてドキドキしていますが、やっと皆さんに見てもらえます」と感激の面持ちで語った。

 杏は、誤って老人ばかりのオーケストラの指揮者になってしまうバイオリン奏者役。撮影の約半年前から練習したそうで、オーケストラのコンマスを演じた笹野が、「稽古の初日に、これみよがしに弾いてゲッと思った。こりゃいけねえ、より奮闘努力しなきゃとプレッシャーがかかり、老人たちにエンジンをかけた」とうらやむほどの上達ぶりを見せた。

 笹野を含め小松、左とん平、茅島成美らオケのメンバーは楽器の練習には苦労したようで、クラリネット担当の左は「教えてくれる方が一生懸命で、だんだん負担になってきた」と嘆き節。チェロに挑戦した小松は、「古くに付き合っていた人がチェロをやっていて、優雅で穏やかな人だった」と懐かしむなど自由奔放なトークを展開。これには杏も、「撮影もこんな感じで、本編とメーキングも同じテンションです」と苦笑いだ。

 それでも、「私はまだ若輩者で、倍生きても追いつけない方々。こんなふうに年を重ねていきたいと思える人生の指針、目標になりました」と大先輩たちを称賛。そして、「最後までノンストップで笑い、涙、そして涙と、芸術の秋にピッタリの映画。日々を重ねていくことが怖くなくなるし、日本が元気になる背中をちょっとでも押せればうれしい」とアピールした。笹野、小松も「うまい」とコンダクターを持ち上げていた。

 舞台挨拶には他に黒島結菜、萩原利久、細川徹監督が登壇した。