前半で4つスコアを伸ばし、トーナメントリーダーに立ったイ・ボミ(撮影:福田文平)

写真拡大

<伊藤園レディス 2日目◇12日◇グレートアイランド倶楽部(6,639ヤード・パー72)>
 千葉県のグレートアイランド倶楽部にて開催中の「伊藤園レディス」。プロデビュー戦の畑岡奈紗が前半の競技を終え、トータル2アンダー24位タイにつけている。
投げて渡したボールが池へ!?必死の捜索も見つからず…
 日没サスペンデッドのため4ホール残して初日を終えた畑岡奈紗は、この日の朝から競技を再開。スコアを1つ伸ばし、トータル2アンダー7位タイの好位置で第2ラウンドの競技をスタート。出だしの1番からバーディを先行させたが、6番から3連続ボギーとつかまった。上がりの9番でバーディを奪ったものの、3バーディ・3ボギーとスコアを伸ばせなかった。
 
 トータル7アンダー単独首位に大会連覇、賞金女王戴冠がかかるイ・ボミ(韓国)。3番から怒涛の4連続バーディを奪い、一気にトーナメントリーダーまで駆け上がった。
 1打差2位タイに大山志保、テレサ・ルー(台湾)、2打差4位タイに渡邉彩香、笠りつ子、葭葉ルミ、酒井美紀、武尾咲希、川満陽香理、辻梨恵が続いている。
 なお、先週の「TOTOジャパンクラシック」で日本勢最上位の3位タイに入った堀琴音は、発熱のため第1ラウンドの競技再開前に棄権している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>