資料写真

写真拡大 (全2枚)

(台北 12日 中央社)米大統領選で米国の利益を最優先する「アメリカ・ファースト」を掲げる共和党のドナルド・トランプ氏が当選したのを受け、台湾証券取引所では米国株に連動する上場投資信託(ETF)「国泰美国道瓊」が11日、続伸した。

同ETFは投票日翌日の台湾時間10日、終値が前日比0.94台湾元(4.87%)高の20.24元(約67.65円)と大きく上昇。同11日も続伸し、終値は0.3元(1.48%)高の20.54元(約68.65円)となった。

同ETFが連動する指数の構成銘柄はアップルやマイクロソフト、ウォルト・ディズニーなど米国の有力企業30社。先月17日に台湾証券取引所に上場した。

(田裕斌/編集:杉野浩司)