投資金2600万ドル以上を着服した疑い (C)Ervins Strauhmanis / photo on flickr

写真拡大

 ハリウッドの映画プロデューサー、デビッド・バーグスタイン(「白鯨との闘い」)が11月9日(現地時間)、2600万ドル(約27億円)以上を投資家からだまし取った詐欺容疑でFBIに逮捕されたと、米バラエティなどが報じた。

 現在54歳のバーグスタインとともに、投資顧問会社ウェストン・キャピタル・アセット・マネージメントの元COO兼顧問のキース・ウェルナーが逮捕された。2人は2011〜12年、同社の投資家に金融取引に関する重要な情報を伏せたまま送金を行い、その資金の一部を私的に流用したして、マンハッタンの連邦裁判所に起訴状が提出された。有罪の場合、懲役20年に課せられる可能性がある。

 また、米証券取引委員会(SEC)も、バーグスタインが一度もSECに登録したことがなく、また登録免除の適用外であるとして民事訴訟を起した。SECは、バーグスタインが不正に着服した金銭で「豪勢な暮らし」を送っていたと主張。被告に対し、着服した金銭の返還と罰金の支払いを要求しているようだ。