松山英樹はパーでムービングデーをスタートさせた

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目◇12日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 太平洋クラブ御殿場コースで開催中の国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」。ここまで単独首位の座をキープしている松山英樹が3日目の競技をスタート。出だしの1番をパー発進としている。
松山英樹、今大会で使うドライバーはどれ??
 
 同組のパク・サンヒョン(韓国)がパー、ソン・ヨンハン(韓国)はバーディを奪い、トータル11アンダー2位タイに浮上している。
 日本勢初のWGCを制した松山は、これが今季の国内2戦目。2週間後には石川遼とタッグを組む「ワールドカップ」が控えており、今大会がそこに向けての最終戦となる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>