『トワイライト』時代のクリステン・スチュワートとロバート・パティンソン (c)Imagecollect.

写真拡大

女優のクリステン・スチュワートが、映画『トワイライト』シリーズに出演していた時期を振り返った。

2008年に第1作目が公開されて以降、一大ブームを巻き起こしたヴァンパイア映画『トワイライト』シリーズ。クリステンやロバート・パティンソンはこの作品で大ブレイクを果たしている。

そんなクリステンは現地時間11日にトーク番組「エレンの部屋」に出演。エレンに『トワイライト』のキャストたちとの写真を見せられると、彼女の次のように当時を振り返った。「こういう写真を見ると、大学の卒業アルバムを見ているかんじになるわ。この時ってちょうど自分の高校生活のすぐ後でしょ。このときに戻りたいとは思わないけど、写真を見るとすぐに『オー、昨日のことみたい』っていう風になるの」「この時期は本当に居心地が悪くて、恐ろしくて、異様なかんじがしたわ。でも同時に、いい時期でもあったと思う」。

2012年の5作目で幕を閉じた『トワイライト』シリーズだが、今でもかなり人気のある作品で、これからもクリステンは当時のことについて聞かれることになるのだろう。