写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 オマーン戦は新戦力に注目していたんだけど、みんな良いパフォーマンスを見せたね。永木亮太や齋藤学はしっかり仕事ができたし、途中交代の小林祐希も点が取れた。ハリルホジッチ監督が試したいことは、できたゲームだったと思う。
 
 なかでも素晴らしかったのが、2得点を挙げた大迫勇也だ。ボールキープできるし、パスも出せるし、一発で前を向くこともできる。前線で起点になれる選手は、やっぱり貴重。オマーン戦の大迫は、良い評価を得たと思う。
 
 1点目も素晴らしかったけど、2点目は本当に難しいゴールだ。ボールを受けるための予備動作から相手をかわしてシュートを打つまでの一連のプレーを見ても、コンディションの良さを感じた。大迫の出来は、ハリルホジッチ監督にとってはすごく大きな収穫だったはずだ。
 
 オマーン戦でのパフォーマンスから考えると、サウジアラビア戦では大迫を先発で使う可能性が高いだろう。サウジ戦に備えて前半で代えるつもりだったかもしれないけど、2点取っているからハットトリックを狙わせたのかもしれない。
 
 清武弘嗣と大迫の“ホットライン”が開通したのも興味深い。1点目は清武のクロスに大迫がヘディングで合わせたもの。2点目は、清武が本田と絡んで相手を引き付けてから良いパスを出して、大迫が仕留めた。ダイレクトでのパス交換が入って、相手のディフェンスラインを崩した。動きの中で相手を混乱させた良いゴールだったよ。
 
 大迫は闇雲に動くのではなく、出し手の状態も見ているからパスが出しやすい。そして、清武はそれを見逃さずにラストパスを出せる。清武と大迫のコンビは、実に良いね。
 
 ただ、齋藤がいたことで、周囲が楽にプレーできたのも見逃せない。齋藤がドリブルで仕掛けてくれるので、それで空いたスペースを清武が上手く使えたし、サイドバックが入り込んで機能する場面もあった。齋藤がスペースを作っていたイメージだ。
 齋藤は前線でどんどん仕掛けていくタイプで、運動量も豊富だし、スピードもある。ハッキリしたプレーをする選手だから、周りの選手も連動しやすい。齋藤のような選手をどうやって使うのかはひとつのポイントだろう。ポジションを争うのは原口だけど、齋藤は原口と同様に良いディフェンスができる。どんどん使っていけば、もっと良い部分が出てくるよ。
 
 やっぱりこうやって見ると、所属クラブで良い仕事をしている選手は、代表でも仕事ができている。いかに試合に出ることが大事か分かった試合でもあったと思う。
 
 おおむね好材料が多かったけど、注文を付けるなら前半の立ち上がりかな。縦に急ぎ過ぎていた印象がある。前線への素早い展開やダイレクトでのパス交換を狙っていたけど、やり過ぎな部分もあった。相手の足が動いている序盤は、もうちょっとリズムを作って揺さぶっても良い。
 
 そういう日本の課題を、15日に戦うサウジアラビアは分析しているはず。日本の特長を消して弱点を突くアイデアを用意してくるから、特に立ち上がりは注意しなきゃいけない。
 
 オマーン戦でピンチを迎えたのは、やっぱりカウンター。日本の攻撃が切れた瞬間に、すぐにサイドに展開されると危なくなりそうな場面があった。そこをサウジアラビアは狙ってくる。
 
 だから、日本は「勝たなきゃいけない、ホームだから攻めなきゃいけない」という意識が、逆に自分たちのマイナスにならないように冷静なゲーム運びをしなければいけない。「90分が終わった時に1-0でもいいから勝っていればいい」という割り切りも大事だ。
 
 オマーン戦は新戦力のモチベーションが高くて良い雰囲気で戦えたけど、次は負けられないというプレッシャーがかかってくる。それも含めてじっくりと戦う必要がある。