途中出場した原口は「評価されるようなプレーはできなかった」。その悔しさをぶつけるサウジアラビア戦、日本のキーマンとなりそうだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 [親善試合]日本 4-0 オマーン/11月11日/カシマ

 オマーン戦で日本代表史上5人目となる4試合連続ゴールの懸かった原口だが、無得点に終わった。後半アディショナルタイムには小林祐希の代表初ゴールにつながるパスを放ったものの、「評価されるようなプレーはできていない。もちろん、試合に出れば得点を決めたいと常に思っているが、(連続ゴールについては)意識はしていませんでした」と振り返った。
 
 74分に齋藤学と交代出場し、左サイドのウイング的なポジションに入り、積極的にゴールを狙っていった。しかし――。
 
「外(ベンチ)から試合を見ていても、途中から入った選手が良いプレーをしていたので、僕も良いプレーをしたかった。もちろん点をとりたかったし、点に絡みたかったので、アグレッシブに行きました」
 
 ただ久保裕也、浅野琢磨、岡崎慎司ら多くの選手が前線に張り出す状況となる。原口もただ単に「アグレッシブ」にいくだけではリスクを伴うと判断。「僕は点を獲るだけの選手ではない。いろいろな仕事をして、チームに貢献したいと考えている」と、ただ仕掛けるだけではなく、プレーの選択肢を増やしたことで、小林へのラストパスにもつなげた。

  とはいえ、ゴールを決められなった悔しさが残ったのも事実だ。
 
 浦和レッズからヘルタ・ベルリンに移籍して3シーズン目を迎え、年齢も中堅といえる25歳になった。所属先でも、日本代表でも、チーム内でのいろいろな役割について考えるようになった。とはいえ、「やっぱり評価されやすいのは得点。そこを狙っていきたい」と、アタッカーとして、ゴールへのこだわりがまず根底にある。
 
「(オマーン戦で途中出場だったことで)体力的にはフレッシュになった」
 
 こうして鬱屈した想いをもパワーに変えて、原口は爆発させてきた。15日に“ホーム”の埼玉スタジアムで迎えるロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビア戦、背番号8が日本のキーマンとなりそうだ。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)