11日、カシマサッカースタジアムではキリンチャレンジカップ=日本代表×オマーン代表の一戦が行われた。W杯アジア最終予選の大一番、サウジアラビア代表戦を前にした最後の実戦は、大迫勇也や清武弘嗣ら新戦力が躍動し4-0と快勝した。

するとフジテレビ「ユアタイム」では、サッカー解説者・山口素弘氏が同一戦を振り返り、大迫や清武を評価した。

まずは2ゴールと結果を残した大迫について。山口氏は「攻撃の中心となった」と切り出すや、「前線でボールを受けれますし色んな攻撃のバリエーションが増えた。ペナルティエリアの中で勝負ができる選手は今までいなかったので、そういう意味で大迫選手はエリアの中で勝負ができる。非常にいいプレーをしてくれた」と具体的に褒めた。

また所属先のセビージャでは試合機会の少ない清武については、「心配だったのは所属チームでなかなか試合に出てなかったのでコンディション、プレーのところでどうか」と不安視したという山口氏。それでも「彼がずっと出てた時間帯というのはまさしく彼が攻撃の中心となってボールを受けたり縦パスを入れたり大迫の2ゴールで彼のパスっていうのは素晴らしかった」とそのプレーのみならず、大迫との連携を絶賛している。

その他には、「悪かった時間も当然あって、縦パスっていうのがちょっと合わなかったり相手にカットされたり。後はよくある急ぎすぎてしまったり」と課題を口にした同氏。「ボールを奪われて、カウンターで危ない場面もちょっと見えたかなっていうのがあったので、その点は考えなければいけない」などと指摘した。