ちょっぴり天然?坂口健太郎

写真拡大

 俳優の杏と坂口健太郎が12日、都内で行われた映画『オケ老人!』の公開記念舞台あいさつに黒島結菜、笹野高史、左とん平、小松政夫、茅島成美、萩原利久、細川徹監督と出席、天然キャラを演じた坂口の素顔について、杏が「ほんわかした方」と語る一方、細川監督は天然エピソードを暴露して会場を盛り上げた。

 同作は「ちょんまげぷりん」「探検隊の栄光」などで知られる人気作家・荒木源の小説をもとにした音楽ドラマ。勘違いして老人ばかりのアマチュアオーケストラに入団してしまった教師の千鶴(杏)が、ライバル楽団との対立などを通して成長する姿を描く。

 杏と坂口は本作で同僚役として初共演。杏の印象について坂口は「撮影の合間に心地よい音楽が流れてくると思っていたら杏さんが劇中で使うバイオリンを練習されていて。ずっとやっていた方と思っていたら役のために最初から練習したと聞いて……すばらしかったです」と努力家の一面を絶賛。

 杏も「半年間くらい毎日握っていました」と恐縮しながら振り返り、天然キャラを演じた坂口の印象は「役そのままというとそんなことはないよと言われるかもしれないですけど、ほんわかとしたキャラクターの方で」と振り返る。続けて、「でも、けっこう私生活はすごくストイックというか家電がないそうで」と素顔について語ると、坂口は「最近文明人になってゲットしました」と報告した。

 一方、坂口は自身が天然キャラを演じたことに「あまり天然感を自分の中で意識してはいなかったので、地でいっていましたか?」と自身では特に意識していなかったことを明かすと、細川監督が「撮影が終わる寸前に急に『僕はずっとクラシック好きなんですよ』って話し始めてびっくりしたんですよ。それ最初に言ってよって」と坂口の天然エピソードを披露して会場の笑いを誘っていた。(取材・文:中村好伸)

映画『オケ老人!』は公開中