エディが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のオーデションで大失敗?/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

エディ・レッドメインは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)に登場するカイロ・レン役のオーディションを受けていたことが明らかになった。

【写真を見る】カイロ・レン役を勝ち取ったアダム・ドライバー/写真:SPLASH/アフロ

エディは、以前インタビューを受けた際、オーディションで大失敗した話をしたことがあり、今になって、ようやくそれが同作に出演するためのものだったことを認めた。

「トップシークレット扱いの作品だったから、本物の脚本は読ませてもらえないんだ。『プライドと偏見』(05)のシーンを渡された。だけど、僕は悪役のオーディションを受けているんだよ。だから変な声のトーンでそれを読むことになる」

「それは笑ってしまうような瞬間だった。キャスティング・ディレクターがニナ・ゴールドでよかったよ。彼女は僕にいくつかの役をくれたからね。彼女はそこに座っていて、僕は何度も何度も違うバージョンで、ダース・べイダーみたいな声を出している。10回ぐらいやった後で、彼女に『それだけ?』と言われた」とエディはUPROXXに明かしている。

エディが逃した大役はそれだけではなく「以前、『ホビット』シリーズのビルボ・バギンズ役のオーディションも受けたが、マーティン・フリーマンに役を奪われた」と話したことがあった。カイロ・レン役は、アダム・ドライバーに奪われたが、エディは『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)の主人公ニュート・スキャマンダー役を射止め、念願の大作出演を果たしている。【UK在住/MIKAKO】