『吾輩はネコである』は、1905年から雑誌「ホトトギス」で連載された。(写真=AFLO)

写真拡大

没後100年を迎える文豪、夏目漱石は、生きることの意味や個人のエゴなど、シリアスなテーマに終生向き合った人だった。

その漱石が最後にたどり着いた境地が「則天去私」。「私」という立場を離れて「天」の字が象徴する、もっと大きな世界に寄り添って生きよう、という漱石の考え方は、ストレスにまみれた現代人にも大きなヒントになるだろう。

ところで、漱石はなぜ国民的な人気を保っているのだろうか? 『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こゝろ』などの作品が読まれ続けている理由は何か?

もちろん、漱石の小説が人間にとって普遍的な問題を扱っている、ということはあるだろう。人として生きることのやっかいさと喜びを綴っているからこそ、漱石は魅力がある。

加えて、漱石の人気を国民的にしている意外な理由があると、私は考えている。

それは、ずばり「可愛らしさ」。そう、漱石は「可愛い」のである。

まずは、漱石のデビュー作『吾輩は猫である』の、「猫」が可愛い。現代において猫好きはたくさんいるけれども、漱石は間違いなく、近代日本における猫愛好者の先駆けの一人だろう。

猫自体が可愛いのはもちろんだけれども、その猫にまつわる漱石のあれこれが可愛い。そもそも、ノラ猫だった猫に「吾輩は」と偉そうな一人称を使っているところが可愛い。その猫とあれこれと絡んで遊んでいる主人公「苦沙弥先生」のあり方も可愛い。

よく読めば随分シリアスな題材を扱っている『坊っちゃん』も、可愛い。無鉄砲にいろいろな騒動に巻き込まれる坊っちゃんがまず可愛いし、赤シャツ、野だいこ、山嵐、マドンナ、うらなりといった登場人物も、みな可愛い。今風の言葉ならば、「キャラ」が立っている。

『坊っちゃん』の中で、当時の松山のあり方については、随分と批判的な目が向けられている。それにもかかわらず、いまだに松山の方々が『坊っちゃん』が大好きなのは、小説の中のキャラクターたちの「可愛らしさ」ゆえであろう。登場人物に因んださまざまな商品が売られているのを見ても、そのことがわかる。

漱石自身、本人が気づかないままに、可愛らしい人だったらしい。甘いものが大好きで、ジャムなどやたらと舐めた。いろいろへんな癖もあり、弟子たちに愛された。もし、漱石が可愛らしい魅力がない人だったら、内田百間や芥川龍之介をはじめとする多くの若者が引き寄せられることもなかったろう。

現代人も、「漱石の可愛らしさ」に学ぶ点がたくさんあるように思う。

会社などの職場で、シリアスな正論を言うことはときには大切である。多少軋轢があっても、コワモテで物事を押し通していかなければならない局面もあるだろう。

そんなときに「可愛らしい」ところがある人だったら、本人も、周囲の人々も救われる。「可愛らしい」人は、癒やし力があるし、攻撃されることも少なくなる。何よりも、「キャラ」が立ったら人も集まるし、コミュニケーションも円滑にいくだろう。すべてのビジネスパーソンは、「可愛らしさ」を研究すべきだ。

シリアスな問題に生涯取り組みながら、慕われる、愛らしい人だった夏目漱石。漱石は可愛らしさの偉大な「先生」である。

(茂木 健一郎 写真=AFLO)