代表復帰戦で2ゴールを決めた大迫勇也【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

強烈なインパクトを残した大迫。サウジ戦では先発の可能性も

 日本代表は11日、キリンチャレンジカップでオマーン代表と対戦し、4-0の勝利を収めた。15日には最終予選の最大の山場となるサウジアラビア戦を控えており、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も多くの新顔をテストした。来たる大一番に向け、新戦力たちのパフォーマンスを振り返ってみたい。(取材・文:元川悦子【鹿嶋】)

---------

 2018年ロシアワールドカップアジア最終予選前半戦で最大の山場となる15日のサウジアラビア戦(埼玉)を前に、多彩な角度からチームを検証しておきたかった日本代表。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督には、11日のテストマッチ・オマーン戦(鹿島)を最大限有効に活用することが求められていた。

 指揮官はサウジ戦先発が想定されるキャプテン・長谷部誠(フランクフルト)、原口元気(ヘルタ)らを温存。1年5ヶ月ぶりの代表戦となる大迫勇也(ケルン)、2年5ヶ月ぶりの国際Aマッチ出場となる齋藤学(横浜FM)らをスタメンに抜擢し、ロンドン五輪世代7人を先発に送り出した。

 同時に、所属クラブで出番の少ない本田圭佑(ミラン)、清武弘嗣(セビージャ)の状態チェック、代表実績の少ない永木亮太(鹿島)、丸山祐市(FC東京)らのテスト、終盤の2トップへの布陣変更など、大胆なチャレンジに打って出た。

 こうした中、やはり注目されたのは、ハリル体制新戦力と位置付けられる選手たちのパフォーマンス。最も強烈なインパクトを残したのが2得点を挙げた大迫だ。

 彼はご存知の通り、2014年ブラジルワールドカップメンバーで、代表キャップ数は「15」を記録しているが、ハリル体制では長い間、選考外の扱いだった。

 だが、今季はブンデスリーガで2ゴール2アシストという活躍ぶりが買われ、先発のチャンスを与えられた。その貴重な場で、彼はドイツで得た自信と経験を遺憾なく披露。清武の浮き球のクロスを頭で叩き込んだ前半32分の先制弾、本田とのワンツーを経て清武が出したスルーパスを受けて決めた前半42分の2点目と、代表復帰戦で複数ゴールを奪ったのだ。

 とりわけ、この2点目はDFアルムハイニ(13番)の動きを冷静に見極めて巧みなフェイントで相手をかわし、流し込む余裕が感じられた。「別にいつも通りプレーすれば大丈夫でしょって感覚でやった」と本人も語ったが、ケルンでFWとしてコンスタントに出場し、プレーの幅を着実に広げていることが大きいのだろう。サウジ戦では代表キャップ105試合を誇る岡崎慎司(レスター)をベンチに追いやる可能性もかなり高まった。

可能性を垣間見せた永木と久保

 後半23分から永木と交代して山口蛍(C大阪)とボランチを組んだ小林祐希(ヘーレンフェーン)もAマッチ2戦目にして初ゴールを挙げ、代表定着へ大きな一歩を踏み出した。終了間際の一撃は利き足の左ではなく右足。「以前の自分だったらダイレクトで打ってダフったり、ふかしたりしていたかもしれない。最初はダイレクトで打とうと思ったけど、フリーだから1回止める余裕があったし、周りが見えていた」と本人も前向きに語ったように、渡蘭から短期間で成長の跡が感じられた。

 代表デビューした6月のボスニア・ヘルツェゴビナ戦(吹田)の時にはあえて流動的に動いてバランスを崩し「戦術無視」という批判にもさらされたが、今回はボランチとしてバランスを取り、守備面での貢献を第一に考えた。パス出しの部分では物足りなさもあったが、新たなポジションで手ごたえをのぞかせたのは確かだ。

 この2人ほどのアピールはできなかったものの、初キャップを飾った永木、久保裕也(ヤングボーイズ)の2人は飛躍の可能性を垣間見せた。永木の方は「こういう緊張感は今までになかった」と代表戦の重みを感じたというが、清武との距離感をボランチのいずれかが近づけるという指揮官の指示を忠実に守り、攻守両面でのいいサポートを見せていた。

 久保の方は後半26分からの出場。最初は岡崎と2トップを組んで、いきなり反転から左足シュートを放つなど、持ち前のゴールへの貪欲さを前面に押し出した。岡崎が「距離をお互いに見合えるので、抜けることも、足元で受けることもできる。個人的には2人とも裏に抜けたいと思うので、自分もお互いを生かせるような動きをやっていったらいいなと感じました」と好感触を口にした通り、久保を加えた2トップはチームの新たなオプションになりそうだ。

丸山は経験不足を露呈。斎藤は代表への適応に苦労

 こうした面々に比べると、代表2戦目の丸山とザックジャパン時代以来の出場となった齋藤はやや物足りなさを感じさせた。丸山は開始早々のミスパスで入りに失敗したのか、カウンターから危ない場面を作るなど、やや国際舞台慣れしていない印象を残してしまう。

 相手がモチベーションの低いオマーンだったから事なきを得たが、ナイフ・ハザジ(アルナスル)ら強力攻撃陣を擁するサウジ相手であれば失点していた可能性が高い。まだまだ経験が足りないものの、こういうフレンドリーマッチは少ないだけに、今回のミスも含めて経験値を積み重ねていくしかない。

 齋藤にしても、左サイドをえぐってマイナスクロスを入れたり、攻撃の起点になるようなプレーはしていたが、横浜FMと代表で求められている仕事が異なるだけに、適応に苦労した様子。「チームが違えばやることも変わってくるし、自分の受けるポジションも変わる。難しいですけど、最後のところの仕掛けは何回も行けた。抜き切るところまでいけなくても、少し仕掛けるだけで相手の動きが変わるので、そこは意識してやりましたけど、もうちょっとできるかな」と本人も自ら向上すべき点を明確に指摘していた。

「こういう試合をもっともっとしたい。日程の問題があってなかなか難しいですけど、それによって競争が生まれたらすごくいいことだと思う」と長谷部も話したが、ハリルホジッチ監督がこれだけ多くの新戦力をトライしたのは初めてではないか。そこは評価すべきだろう。

 ただ、肝心のサウジ戦で使える見通しが立ったのは大迫1人ではないか。一足先に代表定着を果たしている若手の浅野が本田と代わって右サイドで先発し、小林、久保あたりがジョーカーとして使われる可能性はゼロではないものの、常連組の牙城を崩すのはやはり簡単ではない。この日の大迫が見せたような傑出した仕事をコンスタントに示し続けることを、新顔たちには強く求めたい。

(取材・文:元川悦子【鹿嶋】)

text by 元川悦子