アニメ「3月のライオン」の第6話より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

写真拡大

NHK総合で放送中のアニメ「3月のライオン」の第6話より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第6話では、自分の力で生活していくために中学生でプロ棋士となった零だが、プロ2年目となることし、昇級する可能性をなくしてしまう…/(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

本作は、孤高の高校生プロ棋士の主人公と、彼を取り巻く人々とが、失った何かを取り戻していく再生の物語。17歳のプロ将棋棋士・桐山零(CV.河西健吾)は、幼い頃に事故で家族を失い、引き取られた家にも学校にもなじめずにいた。だが、あかり(CV.茅野愛衣)、ひなた(CV.花澤香菜)、モモ(CV.久野美咲)の3姉妹との出会いをきっかけに、一人暮らしの零の日常が、変わり始めていく。

【第6話】

「どこかへ行きたい…」自分の力で生活していくために必死に将棋の盤に食らいつき、中学生でプロ棋士となった零。しかしプロ2年目となることし、昇級する可能性をなくしてしまう。もがいてもがいて、ようやくたどり着いた今の場所から動き出す理由を見いだせない零は、自らの中途半端さに思い悩む。

なお、第6話はNHK総合で11月12日(土)夜11時25分から通常より25分押しでの放送となっているので注意しよう!