W杯出場に黄信号のスコットランド、ストラカン監督は「進退を考えてベンチに座っているというのは大きな間違い」

写真拡大

▽スコットランド代表を率いるゴードン・ストラカン監督が、11日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のイングランド代表戦を振り返っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽敵地でのイギリス・ダービーに臨んだスコットランドだったが、24分にスタリッジのゴールで先制を許してしまう。そのまま試合を折り返すと後半にも2失点を喫して0-3の敗戦となった。この結果、スコットランドは、勝ち点4でグループFの5位に位置。W杯出場権が獲得できる首位のイングランドまでは勝ち点6差、プレーオフ出場権を獲得できる2位のスロベニアには勝ち点4差となった。

▽試合後、ストラカン監督は自身の進退については考えていないことを強調。イングランド戦でのチームが見せたパフォーマンスも満足できるものだったと口にした。

「自分の進退について気にしていると言われているが、そんなことはない。私はチームのことだけを考えている。今日のパフォーマンスは良かったように思っているよ。自分のことを心配してベンチに座っていると考えているのであれば、それは大きな間違いだ」

「今夜の結果は良くなかったが、選手たちは勇敢な姿勢を見せて、組織化されたパフォーマンスを発揮した。この結果は残酷なものだったが、それでも進んでいかなければいけない」