ビューティフル! - 画像は『美女と野獣』海外公式Twitterのスクリーンショット

写真拡大

 エマ・ワトソンが主演を務めるディズニー実写版『美女と野獣』の海外版ポスターが公開された。ティザーポスターは「ガラスのドームに入った魔法のかけられた一輪のバラ」のみのビジュアルだったが、今回は満を持してエマふんするヒロイン・ベルが登場。おなじみの黄色のドレスをまとい、野獣(ダン・スティーヴンス)とダンスするシーンを切り取ったもので、1991年製作のディズニーアニメーションのポスターを思わせる仕上がりだ。

 本作はアニメーション版の名曲に加え、作曲家アラン・メンケンが新たに書き下ろした3曲と共につづられるミュージカル映画。『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督がメガホンを取り、悪役ガストン役はルーク・エヴァンス、置き時計の執事役はイアン・マッケラン、ポット夫人役はエマ・トンプソン、燭台の給仕頭役はユアン・マクレガーと豪華キャストが名を連ねている。

 暗闇の中で天上から光が差し、ダンスするベルと野獣の姿が浮かび上がる今回のポスターは息をのむほどの美しさ。ノーブルなエマの顔立ちもベルにぴったりで、実写としてよみがえる名作に期待せずにはいられない。(編集部・市川遥)

実写版『美女と野獣』は2017年4月21日日本公開