エアレース参戦5季目となった2016年は、室屋義秀にとってどんなシーズンだったのだろうか。

 アメリカ・ラスベガスでの第8戦を最後にレッドブルエアレース・ワールドチャンピオンシップの2016年シーズンは幕を閉じ、室屋は年間総合6位に終わった。シーズン開幕前には「年間総合で表彰台(3位以内)」を目標に掲げていたことを考えれば、「残念は残念」(室屋)という結果である。

 開幕からの2戦はオーバーGに悩まされながらも(アブダビでの第1戦はラウンド・オブ・8敗退、シュピールベルグでの第2戦はラウンド・オブ・14敗退)、日本(千葉)で開かれた第3戦で悲願の初優勝。これをきっかけに、年間目標達成へ向けて上昇気流に乗るかと思われたが、その後はなかなかチャンピオンシップポイントを伸ばせなかった。

 表彰台へのラストチャンスになるはずだった第8戦が、強風によりキャンセルとなったことは不運ではあったが、それだけを今季の敗因にするのは無理がある。室屋が優勝した第3戦以外、コンスタントに上位進出できなかったのは、紛れもない事実だからだ。当の室屋自身もこう語っている。

「年間を通して、ウイングレットの使用許可が下りなかったり、G計測ユニットの問題があったり、今年はいろんなことがあったが、そういうことへの対処も含めて、レース戦略が足りなかった」

 2016年シーズンを振り返ったとき、とりわけレース戦略という点で室屋が悔いを残すのは、第5戦(アスコット/ラウンド・オブ・8敗退)と第6戦(ラウジッツ/ラウンド・オブ・14敗退)の2レースである。

 優勝した第3戦直後の第4戦(ブダペスト/ラウンド・オブ・8敗退)は悪天候に見舞われたこともあり、「勝負をかけるコンディションではなかったので仕方がない」と室屋。だが、その後の2戦は「アスコットでもちょっとパイロットのミスがあったし、ラウジッツは完全にミスだった」と認めざるをえず、「このふたつが結果的に大きかった。そこでちゃんとポイントを取っていれば、十分年間3位には入れたはず」と痛恨の思いを吐き出す。

「シーズンは長いので、心身両面でよいコンディションをずっと保って戦い続けるのは簡単ではない。食事とか、睡眠とか、ほんの些細なことでコンディションは変わってくる」

 室屋は、7カ月にもおよぶシーズンを乗り切ることの難しさをそう語る。だとしても、そうした細かな準備も含めて、勝利に必要なレース戦略なのだと室屋は考えている。

「そのへんをうまくマネージメントしていくことが、やっぱり課題だと思う」

 とはいえ、室屋が悔恨を残したシーズンは、その一方で大きな一歩を踏み出したシーズンであることも疑いようがない。

「これだけ失敗があったなかで(昨年と同じ年間総合)6位になれたのは、『1勝』があったから。やはり第3戦で優勝できたのは大きい。年間順位は昨年と同じだが、チーム全体の強さは昨年よりかなり上がっている。ピースは揃ってきたので、あとはそれをどううまく組み合わせるかだけ。すでに課題は見えているし、来年へ向けて手応えはある」

 2009年のデビュー以来、恐らく室屋は最も起伏の激しいシーズンを送った。必ずしも笑顔で終われるシーズンではなかったはずだが、しかし、室屋は意外なほど晴れ晴れとした表情で「今年1年、楽しいシーズンだった」と言い、こう続ける。

「勝てるチャンスがあるから、レースをやっていておもしろいが、それだけに失敗すると苦しみも大きい。そこは悩ましいところではあるけれど......。でも、やっぱり機体は速いし、やりがいがある。来年は今年以上に勝てるチャンスを持って、レースができると思う」

 目標には到達できなかった。だが、過去にないほどの手応えも得られたのも、また事実だ。

 だからこそ、来年の目標を口にする室屋の言葉は簡潔だった。

「そこはもうシンプル。来年は優勝を狙う」

 今年のレッドブルエアレース・ワールドチャンピオンシップは、室屋と同期デビューのマティアス・ドルダラーが初の年間総合優勝を果たした。来年、年間総合優勝を狙う室屋にとって、今年優勝3回、2位3回と、圧倒的な強さを見せつけたドイツ人パイロットが、最大のライバルとなるのは間違いない。

 室屋は、同期の親友に先を越される形になったが、「今年は、あくまでも3位が目標だったから、気にはしていない」。

 だが、来年は違う。

「デビュー前のトレーニングキャンプの段階から、マティアスにはいつも一歩先を行かれていた。でも、だいたい1年遅れで来ているから、来年は十分行けると思う。マティアスのスキも見えるし、来年は追いつけると思っている」
 
 目指すべき世界一へ――。2016年は室屋の視界に、その道筋がはっきりととらえられたシーズンだったに違いない。
 
 さて、今年のレッドブルエアレース・ワールドチャンピオンシップを振り返るにあたり、最後に、今は亡きトップパイロットにも触れておきたい。言うまでもなく、ハンネス・アルヒのことである。

 9月に行なわれた第6戦を終え、年間総合3位につけていたアルヒは、レースからわずか5日後にプライベートでヘリコプター事故に遭い、命を失った。あまりに突然の、にわかに信じがたい訃報だった。

 昨年から今年にかけ、ピーター・ベゼネイ、ポール・ボノム、ナイジェル・ラムと、「エアレースの顔」の引退が相次いだ。それはそれで寂しい出来事ではあるが、彼らが自分の意思で決めたことなら仕方がない。

 しかし、アルヒの場合はそうではない。誰ひとりとして望んではいない不慮の事故で、2008年には年間総合優勝を果たしているトップパイロットを突然に失ったのだ。こんなに悲しい出来事はない。

 図らずもファイナルシーズンとなった今年、アルヒは年間総合3位に入り、優勝のドルダラー、2位のマット・ホールとともに歓喜に浴する栄誉を得た。だが、ラスベガスで行なわれた表彰式に、主役のひとりはいなかった。あらためてアルヒの実力を証明する結果となった晴れの舞台は、慰めになるどころか、むしろ彼を失った悲しみを一層深くした。

 アルヒを失ったエアレースは、チャレンジャークラスから昇格したクリスチャン・ボルトンを第7戦から新たに加えると、何事もなかったかのように、粛々と進められた。第7戦のレース前に黙祷こそ捧げられたが、言い換えれば、それだけ。エアレースを支えてきた功労者に対し、あまりに配慮と敬意を欠いたドライすぎる対応にも感じた。

 だが、アルヒ自身、情け無用の真剣勝負の場に、いつまでも悲嘆がとどまっていることをきっと望んではいないだろう。

 2017年、アルヒのいないシーズンが始まる。22番をつけたシルバーの機体をもう見ることはできないが、熾烈な空中戦はこれからも続く。エアレースが生んだトップパイロットが残した功績に感謝するとともに、あらためて冥福を祈りたい。

浅田真樹●文 text by Asada Masaki