相手選手をブロックする酒井。左SBでフル出場し無失点に抑えたが、「相手はモチベーションがなかった」と手応えは得ていなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 [親善試合]日本 4-0 オマーン/11月11日/カシマ

 オマーン戦に左SBでフル出場した酒井高徳が試合後、「サウジアラビアとは似ているようで違う。シミュレーションにはならなかった」と今回のカードを一刀両断。改めて15日のワールドカップ・アジア最終予選、サウジとの“決戦”に向けて気持ちを引き締めていた。
 
 久々に日本代表に招集された大迫勇也が2ゴールを決めるなど大量4得点を奪い、守備面ではほとんどピンチを作らせず無失点に抑え込んだ。『仮想サウジアラビア』として組まれた中東勢オマーン戦。その収穫について聞かれた酒井は、次のように言った。
 
「うーん。攻撃のテンポは良かった。でも正直、別に悪く言うつもりはないけれど、相手はモチベーションがなかったように感じた。参考にはならないと思います」
 
 むしろ、これでサウジ戦の対策を練れた、と過信することこそ危険だ。そう警鐘を鳴らしていた。
 
「個々の部分でも、確かに似ていると言えば似ている感じはあったかもしれない。ただサウジのほうがクオリティは高い。サウジであればボールを取られないだろうというところで、(オマーンは)ほとんどボールを取られていた。それだけで、僕らの疲労度も変わってくる。そういったところで、攻撃にかける力、守備にかける力も全然違ってきますから」
 
 選手の本音を代弁しているようだった。そして酒井は「シミュレーションにはならなかった」と言い切った。
 
「そういったところで、向こうに力強さがなかった。あまりいいシミュレーションになったとは感じませんでした。もちろん、勝ったことと、点を取れたことは、チームとしては絶対にポジティブなことだと思います」
 
 そのように、絞り出すようにチームとしてのプラス材料は挙げていた。そのなかで、酒井は「感触は良かったが、微妙にずれているパスもあった。無理して通す必要のないところでミスもありましたし……」と自らの課題と修正点を挙げ、改めてロシア・ワールドカップに向けた今年の大一番となるサウジ戦へ気持ちを引き締めていた。

取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)