ベンチ前で指示を出すバヒド・ハリルホジッチ監督

写真拡大

[11.11 キリンチャレンジ杯 日本4-0オマーン カシマ]

 不安は的中した。新戦力のテストと同時に、所属クラブで出場機会の少ない海外組のコンディション確認にあてたオマーン戦を終え、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は「何人かはこのチャンスを生かせたし、何人かはこのチャンスを生かせなかった。多くの情報を得たということ」と総括。15日のW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦(埼玉)に向けて、良くも悪くも収穫はあった。

「良いパフォーマンスの選手もいたし、まだまだ試合のリズムに付いていけない選手もいた」。指揮官が名指しで言及したのはFW本田圭佑(ミラン)のパフォーマンスだ。「本田は試合のリズムが足りないということが確認できた」。本田の試合勘の欠如は試合前から不安視されてきたが、それを払拭するだけのプレーを見せることはできなかった。

「(本田は)かなりの経験があり、ずっと存在感を出してきたが、サウジアラビア戦がこれから控えている。一番良いパフォーマンスの選手はだれなのか、これからしっかり把握していかないといけない」。ハリルホジッチ監督はサウジアラビア戦で本田をスタメンから外す可能性にも触れ、「キーとなる選手であっても、それに代わる選手のパフォーマンスのほうが高ければ、問題なくその選手を使う。それに関してはまったく問題を抱えていない」と言い切った。

 一方、本田と同様にクラブで出番に恵まれていないMF清武弘嗣(セビージャ)は1ゴール2アシストと結果を残し、存在感を示した。これには指揮官も「清武はクラブでプレー回数が少ないが、彼を信頼していいんだなというものを見せてくれた」と手放しで称賛。所属チームでは同じような立場にありながら、本田とは対照的な評価を下した。

 ハリルホジッチ監督がもう一人絶賛したのはFW大迫勇也(ケルン)だ。約1年半ぶりの代表復帰ながらセンターフォワードを任され、2ゴールと結果を残した。「私が就任してから、我々の良いアクションから得点が取れる選手をずっと探してきた」。代表の1トップに長らく君臨してきたFW岡崎慎司(レスター・シティ)もクラブで苦しんでいる。これまでFW武藤嘉紀(マインツ)やFW浅野拓磨(シュツットガルト)をテストし、さらには10月11日のオーストラリア戦では本田を最前線に置き、得点力不足の「より良いソリューション」を探してきた。

 その“答え”が大迫だったのか。「このポジションに良い候補が見つかったと思う」と述べたハリルホジッチ監督は賛辞を惜しまない。「オフサイドで1点取り消されたが、それがあれば3点取っていた。182cmぐらいの選手でこれができる選手はなかなかいない。こういったプレーを有効に使っていかないといけない。私が要求したとおりのポジションを取ってくれた。今のところ彼はチームにかなり多くのものをもたらしてくれる感じがする」。岡崎でも本田でもなく、26歳のストライカーが新エース候補に躍り出た瞬間だった。

 果たしてサウジアラビア戦のピッチに立つのはだれか。この日は右足首痛のMF香川真司(ドルトムント)、体調不良のDF長友佑都(インテル)も欠場。「2人の様子はこれから見なければいけない」と、どこまで万全の状態で臨めるか分からない。オマーン戦のパフォーマンスだけを見れば、本田、岡崎がスタメンから外れ、大迫、浅野、清武、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)というフレッシュな構成になっても不思議ではない。

「試合中は一人の選手というより全体を見ているので、ビデオでしっかりと見直さなければいけない。各選手についてはこれからしっかり分析して、だれをサウジアラビア戦で先発させるかを考えなければいけない」。詳細な分析はこれからとしたハリルホジッチ監督。最終予選の行方を占う大一番を前に、その決断が注目される。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧