右サイドで先発したFW本田圭佑

写真拡大

[11.11 キリンチャレンジ杯 日本4-0オマーン カシマ]

 親善試合で感じた手応えを鵜呑みにすることはできない。それでも日本代表FW本田圭佑(ミラン)は「相手も相手だけど、試したいことも試せた。とりあえず良しとしようかなと思う」と、15日のW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦(埼玉)に向けたテストマッチを総括した。

 合宿中から「テストマッチを挟めるのは時間に猶予があると感じる。試したいことの優先順位付けをこの数日間でやりたい」と話していた背番号4は「自分の中で一番やりたかったのは自分のポジション、立ち位置。周りとのコンビネーションという意味ではキヨ(清武弘嗣)も同じことを考えていたと思うし、話してもいたので、たまたまうまくいった」と、この日の試合で設けていたテーマの一端を明かした。

 右サイドでの先発ながら中寄りにポジションを取り、トップ下のMF清武弘嗣やセンターフォワードのFW大迫勇也、右ボランチのMF山口蛍、右サイドバックのDF酒井宏樹との距離感を意識した。引いた相手に対し、コンパクトな陣形でパスをつなぎ、相手の穴を探る。「近場の選手。(酒井)宏樹やキヨ、サコ(大迫)、(山口)蛍、たまに(吉田)麻也も。自分と直接関係のある選手とは話せた」。合宿を通じて選手間で意思統一を図り、それをピッチで表現した。

「まだ1試合だし、次は同じ相手ではないので、同じやり方でやっても効果があるとは思わない」。この日の戦い方がそのままサウジアラビア戦につながるとは考えていないが、「日本のストロングポイントを考えるうえで立ち位置は大事。正確に言うと、サポートの位置。それが大事だなとあらためて感じた。本番が続くと、なかなか試せない。サッカー選手としてもいい再確認になった」と、充実感を漂わせた。

 遅攻を織り交ぜた組み立ては、縦に速いサッカーを志向するハリルホジッチ監督の戦術とは相容れない部分もある。それでも流れの中から大迫が2得点を奪い、結果を出した。ベンチサイドでプレーしていた前半。ベンチ前にいる指揮官の“顔色”もうかがっていたという本田は「いい感じの監督の表情を感じた。ポジティブです」と、その反応には好感触を得たようだった。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧