中国・西安交通大学第一付属病院の郭樹忠教授が現在、耳の再建を試みている。

写真拡大

中国・西安交通大学第一付属病院の郭樹忠教授が現在、耳の再建を試みている。華商網が伝えた。

【その他の写真】

患者の吉さんは1年前に交通事故で耳介を失ってしまった。そこで、郭教授は吉さんの肋軟骨を使って耳介のフレームを作り、それを右腕の皮下組織に埋め込み、耳介の形に成長するのを待っている。今後は適切な時期に、顕微外科の血管吻合(ふんごう)手術を通して、それを側頭部に移植するという。(提供/人民網日本語版・編集KN)