日本代表のパフォーマンスはどうだったのか【写真:田中伸弥】

写真拡大

大迫が期待通りの活躍

 11月11日、日本対オマーンの一戦が行われ4-0で勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

----------

【日本 4-0 オマーン キリンチャレンジカップ】

西川周作 5.5 危ない場面はなかったが、最後尾からチームを鼓舞した
酒井宏樹 6 セットプレーでは高さが活きる場面もあった
吉田麻也 6 丸山をフォローしつつ、自身の守備範囲で責任感あるプレー
丸山祐市 5 初スタメン。序盤に危なっかしい場面があり、その後も中途半端なプレー散見
酒井高徳 6 逆サイドから攻撃を受けた時もしっかり絞って対応
永木亮太 6 代表デビューに浮き足立つことなく、アグレッシブなプレーを見せた
山口蛍 6 攻守の切り替えが早く、前でボールを奪いに行った。フィニッシュにも絡む
本田圭佑 5.5 尻上がりにプレー精度上げたが、可もなく不可もなくという内容。
清武弘嗣 7.5 トップ下で存在感。2つのアシストは彼だからこその技術。PKで1得点
齋藤学 6.5 ボールを持って加速した時の期待感は大きい。エリアの中でも外でもハイレベル
大迫勇也 8 ボックス内で常に危険な存在となり2得点。正確なポストも今のチームにない武器

岡崎慎司 5 若手が積極的なプレーを見せる中、やや淡白な印象だった
浅野拓磨 5.5 本人は苦笑いもPK誘発で勝敗を決定づけた
小林祐希 7 中盤の底に入り、試合をコントロール。右足で嬉しい代表初ゴール
久保裕也 6 ゴールを決めたいという欲が見える、躍動感あるプレーを見せた
原口元気 5.5 試合終盤に強烈ミドルを放ったが、4戦連続ゴールはならず
森重真人 ― 出場時間短く採点不可

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 6.5 大迫の半端なさを目の当たり。様々な選手を起用し、トライした

text by 編集部