オマーン戦に先発した大迫が、2ゴールを挙げた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[親善試合]日本×オマーン/11月11日/カシマ

 国際親善試合のオマーン戦で、大迫勇也が2ゴールを挙げた。32分に清武のクロスに合わせて先制点を挙げ、41分にも清武のラストパスから右足でゴールをゲット。

 60分に岡崎慎司と交代してハットトリックはならなかったが、古巣・鹿島アントラーズのホームスタジアムで確かな存在感を示した。
 
 クラブでの好調を評価されて約1年半ぶりに代表復帰を果たした大迫。代表定着、そしてレギュラー奪取に向けて強烈にアピールになったと言えるだろう。