<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇11日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー『三井住友VISA太平洋マスターズ』2日目。今季初の予選ラウンド2日間60台を揃えた藤田寛之がトータル7アンダー・5位タイに浮上。「最近は3アンダーを目標にゴルフをしていて。今季なかったことが2日間連続でクリアできて、大変嬉しいなと思います」と語った。
初日から大ギャラリーを沸かせるプレーを見せた松山英樹
 現在賞金ランキングは41位。最終戦『日本シリーズ JTカップ』には届かない位置だけに「少しでも稼ぐように。東京よみうりに行きたい目標を持っているので、いまの状況ではハードルが高いですが、いい目標になっている」と今大会を含めて3試合で結果を出すために奮闘している藤田。「今日は合格点をあげたいですね。いろいろと頑張っているのでね。賞金王のときよりも一生懸命やっていますよ」という言葉どおり、賞金王戴冠となった2012年時よりも、体調面、スイング面、そしてギア選択面で試行錯誤を繰り返している。
 最近のギア面の着手にフォーカスすれば、先週の『HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP』から新V1シリーズを投入したことで先週と今週は飛距離が明らかに伸びている。「弾道計測器のデータでは4〜5ヤード伸びている。フィーリングはそのままで、力強さは増している」と手ごたえを得ている様子だが、飛距離が伸びる過程での葛藤もある。
 「40代に入ってから体とかも苦しみだして…45歳を越える2013年からは怪我や疲労骨折に悩まされている。(例えば)スイングのイメージを変えると肩にくる。いいスイングのままやり込みたいけど怪我につながってできない。苦しいですよね。(年齢をカバーするために)クラブはめちゃくちゃ考えています。ドライバーからアイアンも含めて流れ、マッチング、フィーリングが大事なので。飛ぶ道具を使うと“もっと飛ばしたい”となったりしますが、怪我する前に“危ない危ない”って。そこはベテランの経験値でカバーしているところです」
 さらにウッド系がゴルフクラブ開発技術の進化でどんどんと飛ぶ時代になっていることも問題を根深くする。契約するヤマハのウッドも最新モデルに切り替わることで、より飛距離性能を増しているが、その進化によって“自分のアイアンが追いついていっていない”がキーワードになっていると藤田。例えば、ユーティリティと5番アイアンの間が20ヤード程度のギャップができてしまうことも…。
 「アマチュアは進化するウッドに対応してロフトが立ったクラブを使う選択ができますが、我々はクラシックなロフトのままで、ウッドとボールはより直線的に飛ぶような設計になってきている。“アイアンにも新しい感覚を入れていかないとな”って試行錯誤していますよ」。
 現在はギャップによる悩みを解消してくれるアイアンをテスト中。葛藤を解消するチャレンジは今シーズン以後も続いていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】藤田寛之の一人旅に想う
ラスベガス→メキシコ 景色は最高!コースはハザードだらけ【ヨシくんMEMO#5】
藤田寛之も興味??ヤマハの新ぶっ飛びクラブを都心で試打
前週予選落ちの石川遼は2アンダー36位タイスタート 首位はカーク
三井住友VISA太平洋マスターズ最終日は霧のため中止 片山晋呉に栄冠