11日、中国のQ&Aサイト・知乎に書き込まれた「親しい間柄でも『ありがとう』って言った方がいい?」という質問が話題となっている。

写真拡大

2016年11月11日、中国のQ&Aサイト・知乎に書き込まれた「親しい間柄でも『ありがとう』って言った方がいい?」という質問が話題となっている。

トピ主の女性は「子どもの頃から、相手が親や兄姉弟妹であろうと、手助けしてもらったら必ず『ありがとう』と言うように教えられて育った」とし、高校・大学に進学してからも人には必ず感謝の言葉をかけていたという。

ところが、ルームメートや恋人からは「他人行儀だ」と否定的にとられ、いちいちありがとうと言わないでほしいと言われてしまったという。子どもの頃から習慣になっているので、言わなければ居心地が悪いとしつつ、「続けるべきでしょうか、それともやめるべきでしょうか」と質問している。

この質問には、次のような回答が寄せられている。

「絶対言った方がいいでしょ!」
「自分は誰に対しても『ありがとう』を言う。他人行儀じゃなくて、心からそう思うから口に出るんだよね」
「どんな関係でも『ありがとう』は必要」

「自分は『ありがとう』がうまく言えない。親しい人ならなおさらだよ!」
「実家にいた頃は、家事の手伝いなんかをすると、両親が『ありがとう』って言ってくれた」

「感謝を伝えるのは間違っていない、簡単なことだ。でも恋人は他人行儀に感じるかもね」
「『ありがとう』だけじゃなくて、もう少し言い方を変えると、受け取る方も違ってくるんじゃないかな」
「『ありがとうね!』とか、『ありがとう、お前さん』みたいにすると、きっと喜んでくれる」
「口調も大事だよ」(翻訳・編集/岡田)