「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第1話が放送されると、石原さとみのファッションが大いに話題を集めた。中国ネットでは、同ドラマの最大の見所はスカーフで、どんなファッションにもその存在は欠かせないものとしている。写真はスカーフ。

写真拡大

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第1話が放送されると、石原さとみのファッションが大いに話題を集めた。中国ネットでは、同ドラマの最大の見所はスカーフで、どんなファッションにもその存在は欠かせないものとしている。人民網が伝えた。

どのようなスカーフを使うと、一番オシャレに見えるだろうか。その答えは大胆なデザインと配色にある。

◆伝統的な使い方
スカートを履こうがパンツを履こうが、スカーフを巻けば人目を引きやすく、オシャレに見える。

◆ヘアバンド代わりに
多くの日本人女性はスカーフをヘアバンド代わりに使う。これだけでファッションのアクセントになるので、ずぼらな人でもおしゃれに着飾ることができる。また、かわいらしいスタイルと個性的なスタイルの両方にマッチする。

◆腰に巻けばベルト風に
身長が157センチしかない石原さとみは、ドラマの中では170センチに見える。それはどうしてだろうか?ジャケット、ハイウエストスカート、ハイヒールの組み合わせで下半身がより長く見えるが、腰にスカーフを巻けばアクセントになり、背が高く見える効果を生む。(提供/人民網日本語版・編集/YF)