10日、上海市民の間で2軒のファストフード店の掲げる看板が話題となっている。

写真拡大

2016年11月10日、チャイナフォトプレスによると、中国・上海市民の間で2軒のファストフード店の掲げる看板が話題となっている。

【その他の写真】

通行人の視線を集めているのは、米ケンタッキーフライドチキン(KFC)とその真横に店を出しているローカルブランド・老娘舅の看板だ。看板はほぼ同じ高さに設置されており、イメージキャラクターはどちらも「あごひげににこやかな笑顔」。老娘舅のキャラクターは中国のおじいさんということだが、似た雰囲気の看板が隣り合う光景が市民らの目を楽しませている。(翻訳・編集/野谷)