ミミまでバターが染みこむ〜! あんこを挟んだホットサンド「アンプレス」が絶品のレトロ喫茶店【実食】

写真拡大

11月の編集長マンスリーコラムは、「めぐりストと巡るパン屋さん特集」です。

【パンさんぽ】いま注目は“恵比寿・青山エリア”! パン好きが絶対行くべき3つの新店に行ってみた【実食】

編集長コラムの取材時はもとより、基本的にパン屋さんめぐりはひとりですることが多いワタクシ。

出来るだけ幅広い情報をもとにめぐるようにはしておりますが、ついつい好みが偏ることもあるので、今回は完全にめぐりストさんのセレクトにお任せしてみました!!

レトロ喫茶店の絶品パンとは?

第1回目は、めぐりストの大谷さん、岩田さんと一緒に淡路町にある「ショパン」へ行ってきました。

淡路町駅から徒歩4分程度のところにあるショパン。入口からして昭和の雰囲気がプンプンします。

今回お店をセレクトしてくれたのは岩田さんなのですが、パン屋さんもいいけれど、パンの素材や焼き方にこだわった喫茶店もマニア心をくすぐるよね!ということで、こちらを。

1年くらい前に某有名テレビ番組で紹介されたこともあり、OA直後は凄い人だったそうですが、だいぶ落ち着いてきたので、看板メニューのあれを食べに!!

その名も「アンプレス」。そう、あんこをサンドしたホットサンドなのです!

表面はカリッと、中はじゅわーとバターの濃厚なコクと芳醇な香りが広がり、塩味も感じながらもしつこくない、でもクセになり何度も食べたくなる絶品のホットサンド。

メニューを見ると、人気メニューのため1グループ1個しか注文できないのですが、その理由を店主の方にお聞きしたところ、表裏3回ずつバターを塗りこみミミまでバターの味をしみこませている。そこまですると1回焼き上げるのにやはり時間がかかってしまう。ひとりでも多くの方に、この「アンプレス」を食べてもらいたいので、1グループ1個にさせてもらっているとのことでした。

どちらのパンを使っているかは企業秘密ということで教えて頂けませんでしたが、たっぷりの愛情と手間がかかっているこちらの「アンプレス」、今まで食べたことのない美味しさだったので、ご興味ある方は是非ご賞味あれ!!

ショパン
住所:東京都千代田区神田須田町1-19-9
電話番号:03-3251-8033
営業時間:[月〜金]8:00〜21:00[土]11:00〜21:00
定休日:日曜・祝日