資料写真

写真拡大

(台中 11日 中央社)中部・台中市の警察当局は10日、市内のアパートでインターネットを使って台湾、日本、韓国、中国大陸、シンガポール、ロシアなどの女性の売春を仲介していた台湾人の男(28)ら5人を、同日までに摘発、送検したと発表した。

警察によると、男は8月からロシア人留学生など20代の男女4人を雇い、無料通信アプリ「LINE」やフェイスブックなどを通じて客を集めていた。仲介の範囲は台湾西部のほぼ全域に及んでいたと見られている。料金は50分で3000〜1万2000台湾元(約1〜4万円)。

警察と検察は、他の業者も関与しているとみて捜査を続けている。

(趙麗妍/編集:杉野浩司)