ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

写真拡大

解けない魔法のように世界中を魅了しつづける「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の日本公開が目前に迫っているが、現地時間10日(木)にワールドプレミアがニューヨークで開催された。主人公を演じるエディ・レッドメインはじめ、新ヒロインのキャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラーといった主要キャスト、シリーズ後半4作を手掛けたデヴィッド・イェーツ監督、そして「ハリー・ポッター」シリーズの生みの親であり、本作の脚本を手掛けたJ.K.ローリングがレッドカーペットに登場した。

極寒のニューヨークにも関わらず熱狂に包まれた会場にはコスプレをした多くの"ファンタビスト"や"ポッタリアン"が集結。21日(月)から来日するエディは、魔法動物で緑色の木の妖精ボウトラックルを胸ポケットに連れて登場した。「早く日本に行きたい! 日本には「ハリー・ポッター」のマジカルなファンがいっぱいいるから、『ファンタスティック・ビースト』も楽しんでもらえると嬉しいな」と目前に迫った来日に期待を高ぶらせる。さらに「今年、3〜4週間妻と二人で日本を旅行したんだ。うどんやお寿司を食べたんだ。大好きだから、また食べたいし、色々なところに行きたいよ」と興奮を隠しきない様子。

残念ながら今回は来日しないローリング。「ニューヨーク以外にどこに行くかは言えないわ。今回のシリーズは世界を旅することがテーマだからね。映画を楽しんで」と秘密を守りつつも「2作目には中国のビーストが出る。ドラゴンじゃないけどね」と明かした。また、会見では今まで多くを語られてこなかったストーリーについてたくさんの質問が集中。秘密の多かった作品についてや、ニュートというキャラクターの愛らしさを熱弁した。

さらにエディは、以前にストーリーについて秘密にしておかなくてはいけないことを話してしまったと言い、監督から「エディ、言っちゃだめ」と叱られてしまったというニュートのように少しおっちょこちょいのエピソードも明かした。

エディたちは、日本でどんな魔法を放つのか!? スケールアップする世界観、進化する魔法、予測不能な大冒険と壮大なドラマ。かつてない魔法の数々に胸躍る本編を引っさげ来日する魔法使いたちに期待が高まる。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日(水・祝)よりロードショー。