写真提供:マイナビニュース

写真拡大

SCSKとサイトコアは11月11日、パートナー契約を締結し、サイトコアが提供するカスタマーエクスペリエンス管理ソフトウェア「Sitecore Experience Platform(サイトコア・エクスペリエンス・プラットフォーム)」の国内販売、および顧客企業向けの導入支援サービスを開始する。

Sitecore Experience Platformは、マルチドメイン対応、マルチデバイス対応、多言語対応といったさまざまな機能とWindowsライクで使いやすいインタフェースを有したコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)をベースに、パーソナライズやスコアリング、A/Bテストやアクセス解析などデジタルマーケティングに不可欠な機能を併せ持った、オールインワンパッケージ。

デジタルマーケティング機能として、ユーザの属性情報や行動パターン、閲覧履歴などから表示するコンテンツを出し分け、パーソナライズされたサイトを構築できます。また、マーケティング施策を自動実行可能なマーケティングオートメーションやメールマーケティング機能も兼ね備えており、タイミングを逃さずにユーザへアプローチすることが可能です。分析機能も充実しているため、デジタル施策をPDCAで回しながら、より効果の高い施策へ改善させていくことが可能。

NETに完全準拠したシステムのため、.NETベースの他システムとの連携や外部データベースとの統合に素早く対応できる。また、Microsoft Dynamics CRMなどのCRMや、Facebookなどのソーシャルメディアと連携させるためのモジュールなども提供しており、機能拡張も容易に実現できる。インフラ環境ではMicrosoft Azureなどのクラウドを利用することで、迅速なサイトの立ち上げや運用コストの削減ができる。

SCSKとサイトコアは今後、マーケティング、営業、導入支援サービス面で協業し、約20億円の売上規模を目指すとしている。

(山本明日美)